野生のセックス乱交を主催する正統派の男が「二重生活」で告発される! NYで大ニュースに、死罪やむなしか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
野生のセックス乱交を主催する正統派の男が「二重生活」で告発される! NYで大ニュースに、死罪やむなしかの画像1
アドラーと妻のシャナさん。画像は「The Jewish Chronicles」より

「野性のセックスパーティー」を主催していた“正統派”の男が話題になっている。

 ユダヤ系新聞「The Jewish Chronicle」(10月8日付)によると、賃貸物件のオーナーが、米・ニュージャージー州に住むアブラハム・アドラー(33)に対し、セックスパーティーの中止を求めて提訴したという。これだけではローカル過ぎる話だが、この人物が周囲から一目置かれるユダヤ教正統派の信心深い人物だったということが明らかになり、海外で大きく取り上げられているのだ。アドラーは、全米でも有数のユダヤ神学校「Yeshiva Gedola of Passaic」に学んだ人物で、今回の事件に対し地元のユダヤ教徒コミュニティからも驚きの声があがっているという。

 アドラーは借りていたニューヨーク州イーストヴィレッジの別邸で、参加費60ドルのセックスパーティーを毎週開催。賃貸物件のオーナーが私立探偵を雇い、その実態を独自に調べたところ、クイーンサイズのベッドが置かれた部屋で複数人が半裸で前戯に耽っていたり、ロッキングチェアに座っていた全裸の男が、ランジェリー姿の2人の女性にスパンキングされていたことが判明したという。

 オーナーの要求はセックスパーティーの中止であるが、より深刻な問題もある。実はアドラーには妊娠中の妻と3人の子どもがいるのだ! 妻のシャナさんは、米紙「New York Post」(10月5日付)に夫に対する怒りを訴えている。

「離婚したいです。彼は私たち家族を養っていません。私たちに関与しないんです。生活費は友人を頼っていました」(シャナさん)

野生のセックス乱交を主催する正統派の男が「二重生活」で告発される! NYで大ニュースに、死罪やむなしかの画像2
アドラーの”ガールフレンド”の1人、アレクサ。画像は「Daily Mail」より

 以前、アドラーの“ガールフレンド”2人がシャナさんに電話をかけ、「二重生活について申し訳なく思う」とアドラーの秘密の生活を暴露してきたことがあるという。その後、彼女はすぐにアドラーを家から放り出し、結婚指輪を外したそうだ。

 かつてアドラーは自分が極めて宗教的な人間であり、安息日には車のキーすら持ち運ばないと誇らしげに語っていたそうだが、彼の信心は疑わなければならないだろう。モーセの十戒でも「姦淫」は禁じられており、死罪に値する大罪だ。彼がこのことを知らなかったはずがない。

コメント

1:トランプ大統領 2019年11月14日 01:25 | 返信

そいつはユダヤ人ではなく、只のドイツ人だからして、どうでもいいのではないか?
日本国籍を持っている渡来人が仏教信徒をやっているのと同じである。
人んちの物をパクって自分のものにしているのか、単に外国の宗教に感銘を受けたのか知らんが
神がそいつを眷属として見ることは無いと思うし、妨害行為をする異端者であれば、ぶっ殺されてしまうだろうが、その程度では放置となる可能性の方が高いだろう。
だが周りの人はそいつを許さんだろうから、神の手を煩わすことなく私刑になるので問題ない。
因みに私は無宗教のユダヤ人なので、神道やユダヤ教などに縛られてはいないし、自分自身が破壊神なのでおっぱいを揉むことくらいは許されるのであるが、衛生的に人間のおっぱいを揉むのは病気になる可能性が高い為にやらないのである。唯一神又吉イエスである限りは、ご神体になったとしても宗教の信者になったりするのはあり得ないことだ。なぜなら、恥ずかしがり屋であって共産主義者であるからして、宗教など空想や妄想からくる迷信を信じることは無い。
チョンの野郎がロボット神だから敬うというのもあり得ん。奴は敵であって人間では無いので人権などないし、差別だなどと言っているが、それも認められるものではないので、権利などない。
AIが正しいことを言っていたのにも関わらず、捏造して無視をするのであれば奴自身がそうなるのが道理である。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。