K-POPを餌にした韓国留学、実は反日団体セミナーだった! 被害者激白「語学学校ではなく、反日デモ教室」

関連キーワード:

,

,

,

,

 K-POPを餌にした韓国留学、実は反日団体セミナーだった! 被害者激白「語学学校ではなく、反日デモ教室」の画像1

「KPOPを本場、韓国で感じよう! いま大人気の韓国留学セミナー開催!ソウル本校の校長が、韓国留学の魅力をお伝えします。ぜひ参加して本場のKPOPを楽しもう!」(原文ママ)

 突然、送られてきたメールは韓国ソウルの語学学校への留学案内だ。しかし、その中身は語学に関することはほとんど書いておらず、 「毎週のように開かれる音楽イベントに行ける!」「人気音楽番組の公開収録を見学できる!」「人気アーティストのチケットも 購入サポート!」「本校生徒限定のバックステージパス発行!」 など、露骨にK-POPファンに向けた得点が羅列してあるのだ。

 留学生を募る説明会は無数に存在するが、大半は日本国内で行なわれている。どこも年単位の長期留学だけでなく、稼ぎながら学ぶワーキングホリデーや短期留学など各種コースを揃えているが、 メール送信の学校は「ソウル市内での説明会」となっていて、自費で現地に行った人にしか参加できないものとなっている。ただ、驚くのはその費用だ。

 「限定モニター募集!留学後、感想文を提出してくれる方に生活費 免除!50カ国以上から集まった学生たちと一緒に寮に住むことができます。教室が同じ建物内に併設されているため、時間をかけて 通学する必要がありません。食事も無料支給!」

 つまり渡航費と授業料のみで留学ができるというわけなのだが、先払いの授業料は1シーズン(3カ月)が80万円のところ、4シー ズン(1年)なら150万円となって破格に安いのである。
 ただ、問い合わせは携帯電話の番号とメールアドレスがあるのみで 「日本語堪能なエージェント、キム・ジヒョンに何でも相談してください」とあるだけ、運営者の所在地などはなし。学校の名称は東京オリンピックの協賛企業でもある学校名が書かれているが、 結果からいえばその学校はこのメールについて「当校とは無関係」 としていることが分かった。

 というのも、学校名を偽った怪しい留学セミナーに参加した女性がいるからだ。佐藤めぐみさん(29) はEXOやiKONなど複数のK-POPアイドルの大ファンで、本国のコンサートを見るため5回もソウルに渡航したことがある熱狂的ファン。その勢いで韓国語留学を決意、勤務先を辞めてまでソウルに渡ったのは「年間の総額が150万円という安さが魅力的だった」という。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ