松本人志、坂上忍…芸能界のご意見番6人の中で誰が一番優秀か?

関連キーワード:

,

,

,

松本人志、坂上忍…芸能界のご意見番6人の中で誰が一番優秀か?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 歌手の和田アキ子が今年9月8日、「アッコにおまかせ!」(TBS系)で「嵐もほら今年で解散とか言っているから……」と発言した。本来は2020年いっぱいでの活動休止。番組では進行役の国山ハセンTBSアナウンサーがすかさず訂正したものの、番組ホストが堂々と間違った発言をしたことで、SNS上では批判の声があがった。

 和田は芸能界のド真ん中を生き抜き、今では大ベテランの域に入っている。同番組では20年以上、芸能ニュースに対して毎回率直な意見を述べており、いつしか“芸能界のご意見番”と呼ばれるようになった。しかし、ここ数年、和田の意見はネット上で炎上することが多く、なかなか視聴者から賛同を得られていない。実績のある和田の神通力が通じなくなってきている。

 和田の失墜から“芸能界のご意見番”は熾烈なサバイバル争いと化している。

「探偵! ナイトスクープ」(ABC)の3代目局長を就任した松本人志も“芸能界のご意見番”として頭角を現している。現在は「ワイドナショー」(フジテレビ系)で芸能ニュースや時事問題などで“笑いの天才”らしい持論を展開している。ただ、セクハラになりかねないコメントも多い。NGT暴行騒動の際は指原莉乃に対して「お得意の体を何とかするとか」と提案。この発言はSNSで炎上した。

 同じフジテレビ系ワイドショーでは「バイキング」で坂上忍がMCを担当している。子役時代から長く芸能界で活躍。2012年ころから、ギャンブラーであったり、潔癖症であったりと特異なキャラクターがウケてバラエティ番組の出演が増えた。そのため俳優やお笑い芸人など、交友関係は広い。

 しかし、高圧的な態度を示すことが多いことから炎上キャラの性質も帯びている。今のところは絶妙なバランス感覚で支持されている面もあるが、実績で見ると和田や松本に比べると劣っている。

 俳優の梅沢富美男は2000年代ころからワイドショーなどに出演するようになり、歯に衣着せぬ発言で、番組スタッフから重宝されるようになった。

 大衆演劇で女形として活躍していたこともあり、昭和親父的な考え方でありながら、おばちゃん的なコメントもできる。さらに、お笑いタレントからイジられても受け身が取れる。どの番組でも安定の実力を発揮しているのだ。“芸能界のご意見番”にふさわしい実績もある。ただし、キャラクターが濃すぎるのが玉に瑕か。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ