大阪ミナミで謎の半グレグループ「モロッコ」松平翔馬が逮捕! 一体何者!?

関連キーワード:

,

,

,

,

大阪ミナミで謎の半グレグループ「モロッコ」松平翔馬が逮捕! 一体何者!?の画像1

 拳月グループやアビスなど半グレが数多く競う大阪・ミナミで新たな半グレが検挙された。

 13日、大阪府警に風営法違反と労働基準法違反で摘発されたのは、大阪・ミナミを拠点とする半グレ集団「モロッコ」のリーダー格・松平翔馬容疑者(21)だ。

 捜査関係者の話によると、今年10月に大阪・ミナミで経営するガールズバー“MINT LEAF”で、16才から18才未満の未成年の少女4を雇い、客に酒を出して接客させた疑いがもたれているという。警察のサイバーパトロールが、インターネットの匿名掲示板に少女自らが書き込みをして“客引き”しているのを発見し、摘発に至った。

 松平翔馬容疑者がリーダー格とされる「モロッコ」について、大阪の半グレに詳しい事情通はこう語る。

「モロッコなんて半グレは聞いたことありません。多分ミナミを牛耳る半グレ集団「アビス」から分かれたグループだと思います。アビスは一気に50人以上が逮捕されて一度バラバラになりましたからね。その時にできたグループで、人数は少ないのでは?」と、語った。

 大阪・ミナミをめぐっては、元格闘技団体“強者”の解散以降に「拳月グループ」「アビス」「軍団立石」「米谷グループ」などのリーダーや幹部クラスが摘発されている。そして今回、新たな半グレグループを大阪府警が認めたことになる。

「大阪には、報道されていない多くの半グレグループが存在します。粗暴犯と思われがちですが、実は窃盗や薬物だけをシノギとして特化している半グレなどもあり、海外のマフィア化しています。これらの資金が暴力団に流れているのが今までは一般的な考えでしたが、今は彼ら半グレが自ら“ガールズバー”や飲食店などを開くケースも多々見られます。暴力団と表裏一体と思われていますが、最近の流れは変わってきました」(実話誌記者)

 調べに対して、松平翔馬容疑者は「未成年と知っていた」と容疑を認めているという。まだまだ知られざる半グレが潜む大阪の混沌から目が離せない。

編集部

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年11月17日 10:45 | 返信

チンチン切り落とすからモロッコな

1:匿名 2019年11月17日 08:25 | 返信

否定しなければ殺されるからね
今も元締めの大半は893ですよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。