二宮和也のファン離れがマジでやばい!チケット払い戻し訴訟、ライブでブーイング祭りの予兆も…

関連キーワード:

,

,

二宮和也のファン離れがマジでやばい!チケット払い戻し訴訟、ライブでブーイング祭りの予兆も…の画像1

 阿鼻叫喚だ。

」の二宮和也と元フリーアナウンサーIさんの電撃婚で、ファンが大荒れだ。12日夜、ファンクラブ会員には「いつも応援ありがとう。本当に感謝しております。今日は、私、二宮和也からご報告があります。この度、結婚をさせて頂く事になりました」

「嵐の一員として、人生の半分以上を過して参りましたが、ここで一人の男としてケジメと決断をし、今日、ファンの皆様に、ご報告させて頂きました」と直筆メッセージが届いたが…。

「今月に入り、SNSの解禁や天皇陛下即位式典での奉祝曲の歌唱など、ファンにとっても嬉しいニュースが続いたあとの、結婚というオチですからね。来年の活動休止まで全力で応援しようと思っていたのに、一気に冷めました」とは30代の女性ファン。

 祝福ムードを遮るのは、Iさんが数々の“匂わせ”行為により、熱心な二宮ファンから目の敵にされていることにある。一部で浮上したIさんの妊娠説はジャニーズ事務所が完全否定。その部分ではファンも胸をなで下ろしそうなものだが、実際は真逆で「デキ婚してくれた方が良かった」という声が相次いでいるのだ。どういうわけか?

「デキ婚ならIさんが〝仕込みにいった〟と解釈できるが、シンプルに結婚だと『本当に好きだったんだなぁと』なる。ファンは心のどこかでニノはIさんに『たぶらかされている』という願望を持っていましたからね。妊娠なしの結婚で現実に引き戻された」(別の30代女性ファン)

結婚ならば、来年末の活動休止を待ってもいいように思えるが、二宮はあえてそれをしなった。芸能プロ関係者の話。

「Iさんは今年で39歳で、妊活に励んでいると言います。活動休止後の2021年では『遅すぎる』ということ。先にきちんと結婚したのは、デキ婚だと、ファンの怒りの矛先が二宮さんではなく、Iさんに集中するため。2000年に元SMAPの木村拓哉さんとデキ婚した工藤静香さんがいい例でしょう。いまではインスタグラムに投稿するだけで大炎上するほど、アンチが急増している。このタイミングの結婚に『なぜ?』という声をよく聞きますが、彼女に被害が及ばないよう最大限配慮し、また、彼女の子作り願望を汲んだ結果、このタイミングしかなかったのだと思います」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ