ラブドールが女性に大人気! 恋人代わりに…女性器と男性器の両方を実現するカスタム注文も

関連キーワード:

,

,

 ラブドールを買うのは寂しい独身高齢男性……というのはすでに過去の話のようだ。イギリスの人気販売業者によると、購入者の4分の1は女性型ドールを求める女性客だという。英「Mirror」(11月17日付)が報じた。

Women in their 50s desperate for £15k female sex dolls to be their ‘dream person’ (Mirror)

ラブドールが女性に大人気! 恋人代わりに…女性器と男性器の両方を実現するカスタム注文もの画像1
画像は「Mirror」より引用

「この一年で、特に女性からの人気と興味が高まっています」と、ラブドール市場の近況を明かすのは、イギリスで人気のラブドールショップ「The-Doll-House」の社長フィル・バス氏である。

「もはやステレオタイプな“年老いた孤独な男性”は我々の顧客の10%に過ぎません。現在、顧客の4分の1は女性型ドールを望む女性です」(バス氏)

 女性の顧客は20~50歳代まで幅広く、その多くは同性愛者であるという。また、同性愛者ではない女性客も増えているといい、“恋人の代わり”として男性型ドールを購入する者もいるというが、それ以外の目的で女性型ドールを購入するケースも多いのだそうだ。その一つが、リアルなドールの衣服を着せ替えて写真を撮るという、“等身大着せ替え人形”としてのニーズである。

 同社ではラブドールの髪形や体のパーツを変更することも可能で、この“カスタマイズ”を楽しむ顧客も多いといい。バス氏によれば、男性のパーツと女性のパーツを組み合わせることもあるという。ある中年女性は1万5千ポンド(約210万円)かけて理想のドールを作り上げたそうだ。

「最近、ある女性のお客様が、男性的な髪形をした女性の頭部と、男性の胴体と性器を組み合わせたドールをご注文になりました。これは実際、とてもイケメンでしたよ」(バス氏)

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年11月20日 20:20 | 返信

女性用ラブドールが益々人気ありますね。
https://www.karendoll.com/male-sex-doll-c-10_15.html

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。