「今年のレコ大はすでに氷川きよしで決まりの可能性」関係者が激白! しかし、最大の懸念は“あのスキャンダル”…!

「今年のレコ大はすでに氷川きよしで決まりの可能性」関係者が激白! しかし、最大の懸念はあのスキャンダル…!の画像1
画像は「TBSテレビ」より引用」

 12月30日に新国立劇場から生放送される「第61回輝く!日本レコード大賞」(TBS系)。今年も誰が受賞するのか注目を集めている。先日は、同賞の候補となる「優秀作品賞」が発表されたばかりだ。

「審査委員たちは候補が全員微妙なので頭を抱えています。AKB48、乃木坂46、欅坂46、日向坂46が入っていますが、秋元グループは元NGTの山口真帆暴行事件があったので避けられています。かといってスキャンダルを起こした純烈というわけにはいかないし、DA PUMPは昨年の受賞ならわかるが、今年はパッとしません。やれやれな感じなんですよ」(スポーツ紙デスク)

 消去法でいうと、Little Glee Monsterか三浦大知、氷川きよし、Foorinに絞られてくる。だが、音楽関係者は「Little Glee Monsterと三浦大知が受賞してもおかしくはないが、本当に世間に馴染みがある存在ですかね?」と首をかしげる。実際、メディアではFoorinを推す声も少なくない。

「何といっても『パプリカ』は子供たちの間で流行しましたからね。それに東京五輪の応援ソングです。5人組ユニットなんですが、みんな小中学生なので、受賞すれば歴代最年少記録になり、トピック的にも良い」(同関係者)

 だが、あるテレビ関係者によると、すでに大賞は決まっているという。

「氷川きよしです。おそらく、これで決まるはず。Foorinは目くらましですよ。氷川は2006年に『一剣』で日本レコード大賞を受賞していますが、今年デビュー20周年を迎えるため、『ちょうどいいんじゃないか』と審査員たちの意見がまとまりつつあります。しかも今年は演歌の枠にとどまらず、ビジュアル系の音楽に挑戦したり、広く音楽を世に知らしめた功績は大きいですからね」

 ただ、一つ懸念されているのは“スキャンダル”だという。

「今年のレコ大はすでに氷川きよしで決まりの可能性」関係者が激白! しかし、最大の懸念はあのスキャンダル…!の画像2
画像は「氷川きよし – Instagram」より引用

「氷川は最近、女子力が高いじゃないですか。このイメージ転換で新規のファンも獲得し、業界の注目度も急上昇していますから、そっち方向のスキャンダルが出やすいのでは… とレコ大関係者は心配しているんです」(事情通)

 氷川と言えば、過去に俳優の松村雄基との“親密な関係”を週刊誌で報じられたことがある。

「過去のようなスクープが放送日近くにスキャンダラスな形で報じられると、やはりバツが悪い。ここのところ、氷川の色気はダダ漏れなので、マスコミに狙われるかもしれないじゃないですか。そこだけですね、懸念材料なのは」(同)

 勝手に出てしまう色気を封印することほど難しいものはない。自分を抑え込まない新しい氷川の活躍に期待だ。

文=竹井寧

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ