SEXに最適化された「中華ラブドール」輸入代理店を取材!「膣の中にイボイボが…」「人体よりもイイ」「ズズッ…チュ…」

SEXに最適化された「中華ラブドール」輸入代理店を取材!「膣の中にイボイボが…」「人体よりもイイ」「ズズッ…チュ…」の画像1
中島さんと唯(人造人科技)

 生身の女性よりもラブドールを愛してやまない男性が、中華ラブドールの正規輸入代理店をオープンさせた。栃木県小山市にショールームを開設したのは、中島千滋さん(64)。お店の名前は、「乙女ドール」という。

 現在、「乙女ドール」が販売に力を入れているのが広東省東莞市に本社を置く「人造人科技」というメーカーのラブドールだ。同社は、「世界一リアルなラブドール」の制作を目指しているメーカーで、ハリウッド映画の特殊メイク経験を持つプロの技師を採用している。そのようなこともあって塗装技術は群を抜いており、血管やホクロまで忠実に再現されているのだ。また、指骨格の再現性もすばらしく、スマホや櫛を持つこともできる。素材には、準医療用のシリコンが使われている。

 人造人科技のCEOを務めるのは、彫刻家でもある一刀氏だ。今年4月に来日された際には、中島さんの紹介で、直接お会いすることができた。

 9月下旬のある日、JR宇都宮線に飛び乗り、間々田駅で降りて「乙女ドール」に行ってみると、ベッドの上には、4月に見たラブドールが座っていた。一刀氏が来日したときに見ていたものだ。テーブルの横には、オリエント工業のラブドールも座っている。人造人科技のラブドールの魅力について中島さんに話を聞いた。

SEXに最適化された「中華ラブドール」輸入代理店を取材!「膣の中にイボイボが…」「人体よりもイイ」「ズズッ…チュ…」の画像2

「セックスするのであれば、人造人科技のやつはいいですよ。アレを入れていて感じるんです。人間の女性よりもいいです。TENGAのような感じですね。いや、それよりも良いかもしれないですね。膣の中にイボイボがあるんです。普通、ラブドールにはオナホールがついているんですが、それだと柔らかいので膨らんでしまうんですよ。これは、アソコの部分が一体型になっているので膨らまないんです。『ズズッ…』って入るんですね。それでオイルを使うので『チュチュチュ…』という音もします。人体よりもすごくいい感じです。(中島さんが所有するラブドールの“唯”は、)しかめっ面をしてるので、ヤッているときに『ちょっと痛いわょ……』と言っているように見えるんですね。10代の女の子とヤッているような感じです」(中島千滋さん)

SEXに最適化された「中華ラブドール」輸入代理店を取材!「膣の中にイボイボが…」「人体よりもイイ」「ズズッ…チュ…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで