【閲覧注意】最恐の獣姦事件「イーナムクロー馬姦事件」 ― 馬との肛門性交サークルでエリートが死亡。その時、政府が動いた…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

 2007年の第60回カンヌ映画祭に招待された米国映画「Zoo」は、人間と動物の性交という衝撃的なテーマを扱いながらも、非常に多くの観客らから好評を得た映画である。タブーにも思われるテーマを扱いながらも、この映画が多くの人々の興味を引きつけた理由——それは、この映画が実際の事件を基にしたドキュメンタリーだったからだ。

画像は「Wikipedia」より引用

■イーナムクロー馬姦事件

 2005年7月2日、米ワシントン州キング郡イーナムクローの病院に一人の男が運ばれて来た。男は診察室に運ばれた時点ですでに死亡しており、彼を車で運んできた人物もいつの間にか姿を消していた。亡くなった男の身元は、所持していた運転免許書からケネス・ピニャン(45)と判明し、検視の結果、死因は「馬との肛門性交中のS状結腸穿孔による急性の腹膜炎」で、事故によるものだとされた。

画像は「Alchetron」より引用

 警察は病院の監視カメラ映像から、とある農場の近くのトレーラーハウスに暮らしていたジェームズ・マイケル・テイト(当時54)にたどり着いた。彼こそがピニャンを病院まで運んだ人物であり、トレーラーからは彼らが馬と性交するシーンを映したビデオテープやDVDなどが大量に発見されたのである。

 状況から見て、ピニャンやテイトら「かなりたくさんの人々」がトレーラーハウス隣の農場に頻繁に忍び込み、馬と肛門性交を行っていたことは明らかだった。それはさながら秘密の性交サークルのようだったという。そして、ピニャンは「ビック・ディック」という馬との性交中にS状結腸穿孔を起こして死に至ったことがわかった。

 警察はテイトらを逮捕しようとしたが、問題はその罪状であった。動画は動物虐待の証拠にならず、当時ワシントン州では獣姦は合法であった。農場側は彼らが忍び込んでいたことを知らなかったので、最終的にテイトは不法侵入罪のみで起訴され、有罪判決を受けて1年の執行猶予と300ドルの罰金などを課された。他にもう一人仲間と疑われた男がいたが、そちらは動画に映っていなかったので罪には問われなかった。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年11月30日 15:39 | 返信

うまかんw

2:匿名 2019年11月28日 01:43 | 返信

2 Guys 1 Horseを見てみたけど、
苦行にしか見えないw
しかも入れるの他の人に手伝って貰うってwww

1:聖帝 2019年11月25日 06:25 | 返信

は?大きいペニスを求めて?入れるのではなくて、入れられてるの?ただの変態じゃねーか!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?