“相方が消えた”あわれな芸人4人! 不祥事で干されて1人残る…「やっぱりコンビって大変」

●板倉俊之

相方が消えたあわれな芸人4人! 不祥事で干されて1人残る…「やっぱりコンビって大変」の画像3
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 お次はインパルスの板倉俊之(41)。彼の相方である堤下敦(42)は、度重なる交通事故が問題になり干されている。特に決定的だったのは、2017年に起こした連続事故。6月に抗アレルギー薬と睡眠薬を服用した状態で自損事故を起こし、10月には停止していたゴミ収集車に追突してしまった。その結果堤下は、謹慎生活を余儀なくされることに。またコンビでの活動が困難になった板倉も、徐々にテレビの仕事が減っていった印象だ。

 とはいえ板倉は、テレビ番組出演以外にも幅広い分野で頑張っている。例えば漫画原作者としては、「マグナレイブン」(ヒーローズ)などの作品に参加。目が肥えた漫画ファンからも、「芸能人の作品て好きじゃないけど、板倉の漫画は本当に面白い」と絶賛されている。その他ゲームのイベントに登壇するなど、自身の強みを生かして活躍中。現在堤下は復帰しているが、今後はどのような活動をしていくのだろうか。

●蛍原徹

相方が消えたあわれな芸人4人! 不祥事で干されて1人残る…「やっぱりコンビって大変」の画像4
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 最後は雨上がり決死隊の蛍原徹(51)。既に広く知られているように、“闇営業問題”で相方の宮迫博之(49)が契約を解除されてしまった。吉本興業の公式サイトにも宮迫のプロフィールはなく、レギュラー番組などからも姿を消すことに。中でも雨上がり決死隊の2人がMCを担当していた『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は、大きな影響を受けているようだった。

 闇営業問題が発覚した直後の放送では、編集で宮迫が“消されて”しまい「完全に『ホトトーーク!』だった」と話題に。以降は様々な芸人たちにサポートされつつ、蛍原が番組を回している。そんな蛍原は今年10月、同番組内で「戻ってくるよね?」と発言。「誰が」とは言っていなかったが、視聴者からは「これって宮迫のことだよね」「コンビ愛がすごい」「ほとちゃん頑張れ!」といったエールが送られていた。

文=ヤーコン大助

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

“相方が消えた”あわれな芸人4人! 不祥事で干されて1人残る…「やっぱりコンビって大変」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル