11月23日は「エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件」が起こった日! 乗客123人が死亡、犯人は3人の“少年”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
11月23日は「エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件」が起こった日! 乗客123人が死亡、犯人は3人の少年の画像1
(写真はWikipedia Ethiopian Airlines Flight 961より使用)

『エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件を航空ショーと勘違いして撮影した南アフリカ人観光客の映像』

 1996年11月23日は、123人の犠牲者を出した「エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件」が起きた日である。


 犯人はエチオピアの少年3人で、高校を卒業したばかりの2人の失業者と看護師であったが、目的はオーストラリアへの亡命だったと言われている。


 コックピットを占拠したハイジャッカーたちは、燃料が足りないという説明にも耳を貸さずに、強引に飛行を続けさせた。


 同乗していたジャーナリスト、モハメド・アミン等最後まで犯人に抵抗した乗客もいたが、結果的には機長の海への不時着を犯人たちが妨害したために、操縦を失った機体はコモロ近くの海上に墜落。乗員乗客175人中123人(犯人含む)が死亡した。


 そしてこのハイジャックの11年前の1985年11月23日は、パレスチナ解放戦線の元幹部の国際テロ組織「アブ・ニダル」の3人組が、アテネからカイロに向かうエジプト航空648便をハイジャックした日であった。


 当時アブ・ニダルを支援していたリビアへと向かうように訴えたハイジャッカーたちを、機内にいた航空保安員が制圧しようとしたところ銃撃戦が勃発。


 機体に穴が空くなどして、危機的な状況になったために、機長は近くのマルタへの着陸を求めたが、テロ対策の経験がなかったマルタは受け入れを拒否。


 ルカ空港の誘導灯を全て消してその姿勢を示したが、機長はなんとその暗闇の状態で着陸に成功した。


 しかし、人質解放交渉の段になって、マルタ側の経験不足が露呈、ハイジャッカーの警告を脅しととったところ、順番に乗客を殺されていき、焦って犯人の顔もわからないまま突入して、57人という大量の乗客を犠牲にしてしまうという悲惨な結果に終わった。


 11月23日は《ハイジャックの日》として、その犠牲者たちとともに心にとどめておきたいものだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

1:匿名 2019年11月23日 14:18 | 返信

教育って大事

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。