なぜ歌のお兄さんはよく逮捕されるのか「大人が童謡を聴きすぎると精神が病む」専門家主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

 

 歌のおにいさんがまた薬物に手を出した。96年からNHKの子供 向け番組で「歌のおにいさん」を務めていた沢田憲一は、 大麻所持と覚せい剤使用の罪に問われ、11月14日、 大阪地裁で検察に懲役2年の実刑を求刑された。9月、 兵庫県伊丹市の自宅で大麻を所持した疑いで逮捕された後、尿検査 で覚醒剤の使用も判明しての再逮捕だが、沢田は昨年9月にも覚せい剤使用で逮捕され、東京地裁から懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受けたばかりで、再犯となる。

「罪が重くなるとは思っていましたが、使用したい欲求が強く、思いとどまることができなかった」という沢田には実刑が下される可能性が高そうだが、今後は「自分の技術を生かした仕事は難しいで すが、それを夢にして過ごしたい」とも述べ、 それは担当弁護士が「おそらく音楽のこと。子供に教えていた経験から」としていた。

 この話に「音楽は絶対にやめた方がいい」と言っているのは群馬県に音楽スタジオを持つ音楽研究家のONO氏。 音楽が人の心理に与える影響を研究し、「幸福の旋律」なるものを発見。幸福感を高めるスピリチュアル音楽の制作をしている一方、 逆に「負の影響」 を生むいくつかのパターンを見つけたという人物だ。

「歌のおにいさんが番組で歌うような童謡系の子供向けソングは、 主に12歳以下の子供には脳や感情の発達、情緒の安定など様々な効果があるのですが、一方で30代以降の男性がこれを聴き続ける と、幼児性への回帰を引き起こして精神不安を引き起こすことがあるんです。結果的に薬物に手を出す確率も3割以上上がるんです」

 これはONO氏が30~50代の男性8名でテストした実証結果だとしている。

関連キーワード

コメント

4:トランプ大統領 2019年11月26日 13:44 | 返信

童謡だけに動揺するとか?いや、もしかしたら私のパペットだからかも知れないが、その前に左翼であるNHKのチョンの影響と、その童謡もチョンのおっさんが作ったもので日本人に対する悪意が込められている為に、精神攻撃を受け続け、麻薬に手を出したくなる状況に追い込まれたのでは無いかとも思う。
私が歌のおにいさん、だったらおかしいだろう!動揺してしまう!アニソンならともかく、童謡など最近歌っていない。私は高音域を鍛えているので、なるべくキーの高い曲で主に女性歌手のアニソンを歌っているのだ。おにいさんもアニソン歌手だったら病気にならずに済んだかもしれんな。声優・アニソン歌手で薬物逮捕って聞かないしな。そもそも入る業界を間違えたのではないか?

3:匿名 2019年11月26日 11:45 | 返信

保父さんゃ保母さんが
お薬で逮捕なんて
聞いたこと無いけどね・・・(´・ω・`)

2:匿名 2019年11月26日 11:37 | 返信

小学生の頃漢字の練習をしていて、よく変な感覚なっていた
大人になってゲシュタルト崩壊という現象だと知った
童謡は幼い子供向けに簡単な内容の歌詞になっているので、うたのお兄さん達は仕事で数百回以上歌うだろうから
歌詞の内容歌詞の意味が分からなくなったりするゲシュタルト崩壊に似現象が起きて、精神に不調をきたす事が起きるのだと思う
大学の論文とか何か無いのかな?

1:匿名 2019年11月26日 11:13 | 返信

ヘヴィメタルを好んで聴いてる人は精神が安定している人が多いて聞いた。
激しい曲調だからストレス発散になるってことか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。