なぜ歌のお兄さんはよく逮捕されるのか「大人が童謡を聴きすぎると精神が病む」専門家主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,



「歌のおにいさんがよく逮捕されるのもそのせいでしょう。私はNHKにも手紙を出し、歌のおにいさんは最大で1年半までの任期にとどめるか、精神的ケアを義務付けた方がいいと書いたんですが、 返事はありませんでした」

 ネット上ではたしかに沢田の逮捕ニュースに際し「またか」の声は 多数あった。

「歌のおにいさんが薬物で捕まる率高すぎでしょう」
「歌のおにいさんって、必ず覚醒剤で捕まるね」
「歴代のおにいさん、調べた方がいいんじゃないか」

 まるで歌のおにいさんの多くが犯罪者であるかのような反応だが、 実際にはそこまで多いわけではない。知られているのは「おかあさんといっしょ」で99年~03年まで務めた杉田あきひろが16年 に覚醒剤で有罪となったほか、70年代のフジテレビの子供番組に 出ていた川口厚が大麻で逮捕されたぐらい。薬物以外ではNHKで人気だった速水けんたろうが11年、運転中に死亡事故を起こして 有罪となったが、歌のおにいさんが次々に事件を起こしているわけではない。

 それでもONO氏は「 逮捕事件を起こしていないだけで、元おにいさんがその後、精神不安を引き起こした例はもっと多く僕の耳に入っている」と譲らない。

「それにおにいさんでなくても童謡の制作を請け負ったミュージシ ャンが情緒不安定になったりした例も数えきれないぐらいあるんです。前に逮捕されたロックバンドCのメンバーもそのひとりで、子供向けの曲をやるようになっておかしくなった」

 ONO氏は「童謡メロディを大人が過剰に聴き続けると、精神不安から薬物使用をしなくても躁鬱や自殺衝動を引き起こす可能性はある」という。

「たとえば、有名な『かごめかごめ』や『とおりゃんせ』は子供が 聞くと可愛いメロディですが、大人が突然、聴くとホラー映画のBGMのような怖さを感じることがあるんです。『小さい秋みつけた』なんかも聴く人、聴く場所によっては不安を煽ります。もちろん子供が聴く分にはまったく問題ないのですけどね」

関連キーワード

コメント

4:トランプ大統領 2019年11月26日 13:44 | 返信

童謡だけに動揺するとか?いや、もしかしたら私のパペットだからかも知れないが、その前に左翼であるNHKのチョンの影響と、その童謡もチョンのおっさんが作ったもので日本人に対する悪意が込められている為に、精神攻撃を受け続け、麻薬に手を出したくなる状況に追い込まれたのでは無いかとも思う。
私が歌のおにいさん、だったらおかしいだろう!動揺してしまう!アニソンならともかく、童謡など最近歌っていない。私は高音域を鍛えているので、なるべくキーの高い曲で主に女性歌手のアニソンを歌っているのだ。おにいさんもアニソン歌手だったら病気にならずに済んだかもしれんな。声優・アニソン歌手で薬物逮捕って聞かないしな。そもそも入る業界を間違えたのではないか?

3:匿名 2019年11月26日 11:45 | 返信

保父さんゃ保母さんが
お薬で逮捕なんて
聞いたこと無いけどね・・・(´・ω・`)

2:匿名 2019年11月26日 11:37 | 返信

小学生の頃漢字の練習をしていて、よく変な感覚なっていた
大人になってゲシュタルト崩壊という現象だと知った
童謡は幼い子供向けに簡単な内容の歌詞になっているので、うたのお兄さん達は仕事で数百回以上歌うだろうから
歌詞の内容歌詞の意味が分からなくなったりするゲシュタルト崩壊に似現象が起きて、精神に不調をきたす事が起きるのだと思う
大学の論文とか何か無いのかな?

1:匿名 2019年11月26日 11:13 | 返信

ヘヴィメタルを好んで聴いてる人は精神が安定している人が多いて聞いた。
激しい曲調だからストレス発散になるってことか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。