11月27日はゲイ活動家の英雄、ハーヴェイ・ミルクが射殺された日!犯人はあり得ない程軽い刑罰…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
11月27日は同性愛者権利活動家のハーヴェイ・ミルクが射殺された日! ゲイの権利運動の殉教者…の画像1
(写真はWikipedia Harvey Milkより使用)

『髪を切りスーツ姿になって1976年カリフォルニア州議会議員選挙で活動するハーヴェイ・ミルク(写真一番右)』

 1978年11月27日は、アメリカの同性愛者権利活動家として知られるサンフランシスコ市会議員のハーヴェイ・ミルクが射殺された日である。


 1960〜1970年代のアメリカに於けるゲイ・カルチャーの中心地だったサンフランシスコで、ゲイコミュニティーの中心人物となったミルクは、その市民権運動のためにサンフランシスコ市議会選挙に2度、カリフォルニア州議会議員で1度の落選を経て、1977年、3度目の立候補でサンフランシスコ市議に選ばれた。


 その就任以来、ゲイに差別的な法案の改正へ意欲的に取り組んでいた矢先に、1978年11月27日、自らの辞任を取り消さなかったジョージ・マスコーニ市長を暗殺した直後の前市議、ダン・ホワイトに遭遇し、5発もの弾丸を打ち込まれ射殺された。


 その公判に於いてホワイトは「殺意はなかった」「すれ違い様にミルクに嘲笑われた」「精神異常だった」との論調を展開。


 すると判決では「計画的殺意のない殺人」での有罪とされ、7年8カ月の禁固刑という、2人の連続殺人ではあり得ないほど軽い処遇となった。


 この判決を「ホモ・フォビア」と見なしたゲイ・コミュニティーの怒りは、翌年5月21日に「ホワイト・ナイトの暴動」に発展した。

 それは自らの死を予期しながら戦っていたミルクが予見した通りの出来事であった。

 彼は自らが暗殺された時に公開するための言葉を、テープに録音し遺していた。

“If a bullet should enter my brain, let that bullet destroy every closet door”.
「もし銃弾が私の脳に撃ち込まれたなら、それはゲイたちが隠れているクローゼットのドアを壊すことになるだろう」

 アメリカで初めてゲイを公言して当選した議員であるミルクのこの悲劇的な死が、後の世界に生きる多くのゲイたちを解放したことは事実である。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。