11月28日は「ニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故」が発生した日! 全乗員乗客257人が即死、日本人24人も犠牲に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
11月28日は「ニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故」が発生した日! 全乗員乗客257人が即死、日本人24人も犠牲に…の画像1
(写真はWikipedia Air New Zealand Flight 901より使用。Public Domain)

『エレバス山に現在も残されている901便の機体』(2004年に撮影されたもの)

 1979年11月28日は、“ホワイトアウト現象”により南極ロス島のエレバス山の斜面に飛行機が激突し、乗員乗客257人全員が即死した「ニュージーランド航空901便エレバス山墜落事故」が発生した日である。


 1977年に開始されたニュージーランド航空企画によるガイド付き南極観光飛行の3年目にあたったこの日の901便には、地元住民の他にもアメリカ、日本を始めとして世界各国からの観光客が参加しており、その意味で世界中に衝撃が走った事故であった。


“ホワイトアウト現象”とは雪や雲という気象条件が重なることによって一面の地形が判別不可能になる現象であるが、必ずしも吹雪などの悪天候である必要はないという。当日の記録からは、操縦室の誰もが山の存在を認識していないことがわかっているが、唯一、ブルックス航空機関士は無線が途切れがちなことで障害物の存在に気付いた。


 しかしその時にはもう目の前にエレバス山があり、急いで上昇をかけたが間に合わず壁面に正面衝突したのだとみられている。


 当初は視界が確保できていない状態で低空飛行をしたパイロットに責任があると結論づけられたが、その後の調査で、緊急的に座標変更があったことやその通知を怠ったことに問題があるとして、最終的には当日の地上職員らを含むニュージーランド航空に責任があるとされた。


 場所が場所だけに、遺体回収は困難を極めたが、ヘリコプター5台を投入しなんとか可能な限りの回収に成功。


 現地拠点となったスコット基地には、慰霊のための木の十字架が立っている。


 そしてその脇には、日本人乗客24名のための桜の木が植えられているという。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。