ユダヤ民族が神と交わした「呪いの誓い」とは!? 亡国・迫害の歴史はすべて自業自得だった?

【聖書の予言】ユダヤ民族が神と交わした「呪いの誓い」とは!? 亡国・迫害の歴史はすべて自業自得だった?の画像1エクソダス:神と王」(20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン)

 リドリー・スコット氏といえば、『エイリアン』『ブレード・ランナー』『グラディエーター』などの大ヒット作を手がけた世界的な映画監督として名高いが、その彼が2014年に公開したのが「出エジプト」をテーマにした『エクソダス:神と王』である。

「出エジプト記」は「創世記」の次に登場する旧約聖書の物語で、ファラオの下で奴隷として苦しんでいたヘブライ人たちが、モーセを指導者に立ててエジプトを脱出する様子が描かれている。同記によれば、何十万という難民の集団が紅海を渡る際に「海が2つに割れる奇跡」が起こったとされる(もっとも学者は懐疑的だが)。この『エクソダス:神と王』のクライマックスでも、昔のハリウッド映画『十戒』とはまた違った形で、その壮大なシーンが最新のCG技術を用いて斬新かつリアルに描かれている。

 さて、「モーセってこんな剣闘士ばりのカッコいい男だったの?」という疑問はともかく、ユダヤ教徒の間で、彼は今も事実上のイスラエル建国の祖として崇められている。もっとも、モーセは難民集団の単なる政治的リーダーに留まらなかった。というのも、彼はイスラエル史上空前の「大預言者」でもあったのだ。なぜなら、単に神の言葉を人々に伝えただけでなく、その言葉を民が代々守るべき「律法」として書き記し、民を代表して神との「契約」を交わしたからだ。この箇条書きこそ、かの有名な「十戒」の石板である。

【聖書の予言】ユダヤ民族が神と交わした「呪いの誓い」とは!? 亡国・迫害の歴史はすべて自業自得だった?の画像2約束の地を望むモーセ イメージ画像:「Thinkstock」より

 神との契約は「出エジプト」の初期に結ばれたものだ。だが、実はモーセと民は、その「出エジプト」から40年もの歳月が流れて、まさに民族の放浪の旅が終わらんとする頃、神と“もう一つの契約”を結んでいた。それがモアブの地で結ばれた「呪いの誓い」だ。これは、まさにこれから約束の地であるカナンに攻め込もうとする時に神と交わされた契約である。ちなみに、「モアブ」という名のアメリカ製気化爆弾があるが、この故事に倣って命名されたものらしい。


■未来のユダヤ人に降りかかる恐るべき呪いとは……?

 モアブの地で老モーセは民を集めると、「もしあなたの神、主の御声に聞き従わず、今日わたしが命じるすべての戒めと掟(おきて)を忠実に守らないならば」と前置きした上、次のような「呪い」がことごとく民に降りかかり、「実現するであろう」と予言したのである。

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

ユダヤ民族が神と交わした「呪いの誓い」とは!? 亡国・迫害の歴史はすべて自業自得だった?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで