初体験は必ず友達のお母さんとセックス…! 本当にあった“奇妙な筆おろし”の伝統を体験者に取材!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

初体験は必ず友達のお母さんとセックス…! 本当にあった奇妙な筆おろしの伝統を体験者に取材!の画像1
画像は「getty images」より

 いつの時代も男女の「性のめざめ」に関する習慣や風習には、実に様々なものが存在しているが、そうしたもののなかには、現代の我々が持つ感覚からすると、にわかに信じ難い内容のものも、少なからず含まれているようだ。

「今の人らからするとおかしな話かもわからんけどね、昔はそれが当たり前だったの。少なくともここいらじゃね」

 自身もその思春期に体験したという、“筆おろし”の習慣についてそう語りはじめたのは、西日本のとある地域で生まれ育ち、現在も当地で農業を続けているという高畑征男さん(仮名・84)。高畑さんの話によれば、その昔、当地の少年たちの間では、隣家の人妻から、性の手ほどきをうけることが、ある種の通過儀礼として、定着していたのだという。


「時期は人それぞれなんだけどもね、だいたい下の毛が生えてくる頃になるとね、男親が話をつけてきてね、近所の奥さん連中に、ナニの手ほどきを受けるわけ。まあ、最初は誰しも何が何やらわからんのだけども、だんだんそれを続けていくうちに、ちゃんと女を抱けるようになるっていう。けどね、私もそうだったけども、このあたりじゃそんなに女の数も多くはないもんだからね、だいたいが友達のかあちゃんとかが相手になっちゃう。これがなかなか気まずいんだよ(苦笑)」

初体験は必ず友達のお母さんとセックス…! 本当にあった奇妙な筆おろしの伝統を体験者に取材!の画像2

画像は「getty images」より

 妙齢の人妻などを相手に、思春期の少年たちが性の手ほどきを受けるという習慣は、日本全国に点在していたとされるが、その相手が友人の母親というのは意外と珍しく、高畑さんの言うように、当の少年たちからすれば、かなり気まずいものがあったことも事実であろう。

「しかもね、そういうのが当たり前になってたものだからさ、あそこの母ちゃんはすげえとか、乳が牛のようだとか、そんなことが聞こえてくるわけ。自分の母親がよその子らからそういうこと言われてたりすると、やっぱりなんとも言えない気持ちにさせられるもんだよ」

 無論、こうした習慣は、そうしたタブー要素ゆえに、時代の変遷と共にいつしか姿を消したというが、草食男子が増え、三十路、四十路を過ぎても童貞のままだという男性が珍しくない現代においては、当時の少年たちの境遇が羨ましく思える男性も少なくないのかもしれない。

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

文・取材=戸叶和男

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ