「量子力学は間違っている」説が浮上! アインシュタインと湯川秀樹は知っていた!!

――物理・IT・電気的宇宙論の専門家、平清水九十九が解説!

「量子力学は間違っている」説が浮上! アインシュタインと湯川秀樹は知っていた!!の画像1
ニールス・ボーア。画像は「Wikipedia」より

 量子力学といえば、大学の専門研究者でなければ理解できない、物理学の中でも難しい学問領域と思われている。半導体開発で用いられ、相対性理論と合体して、宇宙論、重力理論にも拡張された分野だ。相対性理論がアインシュタイン一人により創り上げられたのに対して、量子力学は大勢の科学者が世界最高の知恵を持ち寄って発展させた。だが、大勢が関わったから間違っていないのかといえば、そうでもない。じつはアインシュタインとノーベル物理学賞の湯川秀樹博士は量子力学が間違っていると知っていた。量子力学の歴史をたどり、どこでどう間違えたかを解説していこう。

■神はサイコロを振らない

 アインシュタインが量子力学に反抗したとして有名な「神はサイコロを振らない」という台詞があるが、これは一体どういうことだろうか? 量子力学では自然現象を確率的な現象と捉える。シュレディンガーの猫として知られるパラドックスもそうだ。放射性物質を入れた箱にある仕掛けを作る。放射性物質が崩壊すれば、箱には毒ガスが流れ、猫は死ぬ。崩壊しなければ、猫は生きている、という仕掛けだ。一定時間後に猫は死んでいるのか? 生きているのか?

 シュレディンガーの猫の解釈にはいくつかの見解がある。コペンハーゲン解釈では、箱を開けた瞬間、猫の生死が決定される。これは量子力学で使われる粒子を記述する波動関数という数式によるものだ。量子力学では物質は波の性質を持っている。放射性物質の崩壊と箱を開けるという行動が重ね合うことで、猫の生死を決定しているのだ。

「量子力学は間違っている」説が浮上! アインシュタインと湯川秀樹は知っていた!!の画像2
シュレディンガーの猫のイメージ図。画像は「Wikipedia」より

 量子力学のもうひとつの解釈が多世界解釈だ。これは箱を開けた瞬間、猫が生きている世界と死んでいる世界に分かれるというものだ。世界は箱を開けるといった節目ごとに複数の世界に分裂する。私たちはそのひとつの世界に生きているとされる。

 コペンハーゲン解釈、多世界解釈では、量子力学の描く世界は確率的なのである。それに対してアインシュタインは、反抗して「神はサイコロを振らない」と言ったのだ。なぜ、アインシュタインは量子力学の確率的世界観に反抗したのだろうか?

人気連載
【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

【速報】縄文タトゥーがビームスとコラボ! 服飾も登場…日本から世界に発信する「モダン・プリミティブズ」実践始動!

『クレイジージャーニー』(TBS系)が終了して久しいが、ケロ...

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

コメント

7:ひゃま 2020年1月1日 14:41 | 返信

量子力学は古典的の解釈(多世界、コペンハーゲン)の一つです。
量子論は、重ね合わせが基本原理なので、古典論に縛られません。
そういう意味で、陽子と電子の異粒子間の相互作用が中性子として観測されます。
素粒子は単独では観測されないのです、相互作用の状態が観測されるんです。

清水明は、射影仮説は実験事実と合致しかつ無矛盾な理論体系になるために必須であり[6]、ヒュー・エヴェレットの原論文には射影仮説がないのでユージン・ウィグナーの厳しい批判に遭ったとしている[3]。https://wpedia.goo.ne.jp/wiki/エヴェレットの多世界解釈

だから間違っているというより、原理が違うので、古い衣を捨て去る必要があるんです。

ひゃまの飛んでもない光論より
https://blog.goo.ne.jp/s_hyama

6:匿名 2019年12月31日 02:06 | 返信

>>5
脳細胞のニューロン機能は、イオンの受け渡しによって行われるんであってね。「神経細胞」のWikipedia記事読んでみれば分かるが、量子のりの字も出てこんわ。
イオンとは、「電子の過剰あるいは欠損により電荷を帯びた原子または原子団のこと」であって、十分に非量子論的に説明の付くこと。
ただ・・・、ペンローズの言う量子脳理論で言えば(まあ『皇帝の新しい心』は買ったもののちゃんと読んではないが…w)、脳は量子論的に働いている、と。これの発想は「観測問題」から来てるんだが、つまりサイコロの問題なんだけど、「XX解釈」という言葉が指し示す通り、まあなんだな、考えようの問題だろうと。>>5が量子脳理論の事を言ってるのであれば、十分に量子論的な働きをしていると言えるのだけど、まあペンローズ説はかなりの傍流ではなかろうかと思うのだが。

別に俺はこの記事が正しいとか言っとらん(2も俺が書いたし。まあしかし、軌道上にも電子はあるとか書いてるな…、よく分からんが)。が、トランジスタは別に量子論のおかげで成立・発展したものでは無いから、ここでその事例を持ってくるのは不適当じゃないかと。西澤潤一教授も過去に「トランジスタの事を量子論で説明なんてつかんね」というような事を言ってた記憶がある。

5:匿名 2019年12月30日 15:14 | 返信

>>4
あんたの脳も量子論が間違っていたら1文字も認識できないよ。網膜に飛び込んだ電子が視神経内で電磁パルスを生み、それを脳細胞内で受信、記憶や言語野と連携して「文字」として認識、といったあんたが日頃自覚なく何の感謝もなくやっている知覚行動の全てに「量子」が関わっている。これらを否定するということは、あんたの存在そのもの、思考自体を否定することになるんだよ。何を言われてるのかも分からなければ、量子論を勉強し直してから出直してこいよ。科学はお前が日ごろ読んでいるような疑似科学や新興宗教の本とは全く正反対の世界だから。
 
はい、やり直し。

4:匿名 2019年12月30日 02:41 | 返信

>>3
トランジスタの動作に関しては、「量子論の計算を使ったならこう言える」と言うような後付けの説明がなされているのだと思うがね

3:匿名 2019年12月30日 01:48 | 返信

量子論が間違っていたらパソコン動かねーっつーのw
論文や学術書をデタラメに解釈するのではなく
きちんと実験と数式で証明して見せてくれませんかね?
根本的に読み誤ってる箇所がいくつもあるよ。

2:匿名 2019年12月30日 01:40 | 返信

例えば金属では電子ばかりがふらふらして電流になっているように見えるが

1:匿名 2019年12月29日 21:43 | 返信

しんじが初めて注釈つけてきたと思ったら
違った(笑)

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。