ポルノを見ると脳がお子様化すると判明!さらにAV好きは生活も精神もレベルが低かった!

関連キーワード:

,

,

,

,

 2018年のたった1年間に、世界最大のポルノサイト「Pornhub」にはのべ33億5千万回ものアクセスがあったという。インターネットの普及によってポルノはますます身近なものとなっているが、現在懸念されているのはその悪影響である。ある神経科学者によると、ポルノを見ると脳内の一部で神経が再配線されて若い頃の状態に戻るという。これを若返りと言えば良いことのように思えるが、実際のところ、それはアンチエイジングというよりは“子どもがえり”に近いのだという。英「Daily Mail」(11月28日付)が報じた。

Watching porn rewires the brain to a more juvenile state, neuroscientist warns (Daily Mail)

ポルノを見ると脳がお子様化すると判明!さらにAV好きは生活も精神もレベルが低かった!の画像1
画像は「Getty Images」より引用


■ポルノで脳が“子どもがえり”する

 カナダ・ラヴァル大学の神経科学者レイチェル・アン・バー氏は、ポルノ視聴が脳神経を再配線し、その人の心身に様々な影響を与えていると考えている。その研究によれば、ポルノを定期的に楽しんでいる人々の脳は、道徳や自制心、衝動の抑制などを司る前頭前野に損傷を受けている可能性があるという。

 前頭前野は人間の思考や創造性を担う領域と考えられており、物事を順序立てて考えて行動したり感情を制御したりする能力に関わっている。この領域は他の領域に比べて成長が始まるのが遅い上に、より長い時間をかかることが知られている。思春期の子どもは成人に比べ、感情的になりやすく衝動的に行動してしまうことが多いが、その理由の一つとして、感情制御を担う前頭前野が未だ発達途上にあることが挙げられる。

 バー氏によれば、ポルノの刺激は前頭前野の脳神経を再配線をうながし、子どもの頃のような状態に戻してしまう可能性があるという。つまり、ポルノは発達した前頭前野を“子どもがえり”させ、感情抑制機能や道徳心といった能力を低減させてしまうというのだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ