12月5日はMLB史に残る天才バッター、ジョー・ジャクソンが死亡した日! 八百長事件で追放、大打者に一体何が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
12月5日はMLB史に残る天才バッター、ジョー・ジャクソンが死亡した日! 八百長事件で追放、大打者に一体何が?の画像1
(写真はWikipedia Joe Jacksonより使用。Public Domain)

『“ブラック・ベッツィー”を握ったシューレス・ジョー』(1913年撮影)

 1951年12月5日は、メジャーリーグ史に残る天才バッターであり、1919年のワールドシリーズで起きた八百長事件「ブラックソックス事件」で永久追放されたメジャーリーガーの一人、ジョー・ジャクソンが死亡した日である。


 18歳でメジャーデビューし、2年後に移籍したクリーブランド・ナップスで活躍。2年目の1911年には打率.408を記録し、当時最年少の24歳2カ月で4割打者となったジャクソン。


 マイナーリーグ時代にサイズの小さいスパイクを嫌い裸足でプレーしたというエピソードから“Shoeless Joe(裸足のジョー)”と呼ばれ愛された若手スターであった。


 同時期に活躍したタイ・カッブやベーブ・ルースと比肩しうる豊かな才能を持ちながら、1915年には強豪のシカゴ・ホワイトソックスに移籍し、これからキャリアの全盛期を築こうとした矢先の1919年、球史に残る八百長事件「ブラックソックス事件」が起きてしまう。


 シンシナティ・レッズとのワールドシリーズに3勝5敗で敗戦したホワイトソックスの主力選手達が賄賂のために八百長行為をはたらいたという報道から、翌年大陪審でその事実を認めることとなったのである。


 その原因としては当時のホワイトソックスのオーナー、チャールズ・コミスキーが極度の吝嗇家であったことが背景にあったといわれているが、国技として愛されていた野球が汚されたとして、社会的な動揺となった。


 当時32歳であったシューレス・ジョーは8人の追放者の中でも最も人気のあった選手であり、『ニューヨーク・タイムス』に報じられた少年ファンの彼への言葉「It ain’t true is it, Joe ?(嘘だと言ってよ、ジョー)」はその後記者による捏造だと明らかになったものの、当時の国民心理をよく現わしているエピソードだろう。


 そしてジョーは、第一戦でのホームへの大暴投等などが疑われることとなったが、最後まで公式にその事実を語ることはなかった。


 引退後、バー経営などで生活していたジョーは、死亡した翌日にテレビ出演しその事件の真相を語る予定であったとも言われている。


 メジャーリーグ3位となる生涯打率.356という記録を残した紛れもない大打者は、なぜ八百長に関わることとなってしまったのか。


 その真相が彼の口から明らかになることはなかったが、ジョー愛用のタバコジュースで染めた黒いバット“ブラック・ベッツィー”と、ハッスル・プレイで泥にまみれた黒いユニフォーム(オーナーが資金を出さなかったためと言われている)。


 このふたつの“ブラック”が、今もファンの心を捕らえて離さないことも事実なのである。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。