12月8日はジョン・レノンが射殺された日! 犯人のチャップマンは『ライ麦畑でつかまえて』を片手に5発の銃弾を撃ち込み…

12月8日はジョン・レノンが射殺された日! 犯人のチャップマンは『ライ麦畑でつかまえて』を片手に5発の銃弾を撃ち込み…の画像1
(画像はWikipedia John Lennonより使用。Public Domain)

『「ビルボード」誌1971年9月17日号に掲載されたジョン・レノン作「IMAGINE」の広告』

 1980年12月8日は、ビートルズのメンバーとして1960年代を席巻し、その解散後も世界的に活躍したミュージシャン、ジョン・レノンが、自宅前で待ち受けていたマーク・チャップマンに射殺された日である。


 20世紀のショービジネスを牽引した稀代のロックスターであり、政治的な発言も辞さない過激な発言で知られた社会的影響力の大きな人物であったジョン・レノンの死は全世界に衝撃を与え、そして『ライ麦畑でつかまえて』を片手に5発の銃弾を撃ち込んだ若者の凶行は、世界一有名な暗殺者の物語となった。


 しかしその動機はいまだ明らかになっておらず、2018年に10度目の仮釈放申請が棄却されたまま現在も、チャップマンは服役中である。


 一説には「有名になりたかった」と供述したともいわれているが、終身刑と見なされているチャップマンの現状を見る限り、その真相が彼の口から明かされることはないのであろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ