【閲覧注意】バスが谷底転落、27人が死んだ事故現場がヤバすぎる! 散乱する遺体… 絶望しか感じない光景!=チュニジア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】バスが谷底転落、27人が死んだ事故現場がヤバすぎる! 散乱する遺体… 絶望しか感じない光景!=チュニジアの画像1画像は、「BestGore」より

 今月1日、チュニジア北部アインスヌシ地域で43人を乗せて走行していたバスが渓谷に転落し、27人が死亡、19人が負傷した。負傷者のうち8人が重傷だという。死傷者は全員がチュニジア人で、年齢は20歳から30歳の若者だった。

 事故直後の様子をとらえた映像が海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開された。川の中には、仰向けになった男性の遺体が転がっている。大破したバスの破片と地面に倒れた乗客の姿があちこちに見える。現場に集まった人々が生存者を探している光景は、戦争や災害の後のような悲惨さである。

 バスは同国の首都チュニスを出発し、観光地として人気の高いアインドラハムへと向かっていた。内務省はFacebookで、バスがガードレールに衝突して突き破った後、谷底に転落したと説明した。

 奇妙なことに、同日は世界各地でバス事故が多発した1日だった。ロシア・シベリア東部のザバイカル地方では、43人を乗せた旅客バスが橋から川へ転落する事故が発生。当局の発表によると、19人が死亡し、21人が重軽傷を負ったという。バスのタイヤが破裂して滑ったことが原因とみられている。重大犯罪を捜査する連邦捜査委員会は、バスの運営会社が安全規則を満たさずにサービスを提供していた疑いがあるとして捜査を開始した。

 モロッコ北部の都市タザでも、バスが車にぶつかった後、制御を失って渓谷に転落する事故が起き17人が死亡、42人が負傷した。目撃者の証言によると、妊婦を含む3人が現場で死亡したという。事故の原因は不明で、現在調査が行なわれている。

 このようなバス事故は日本も決して他人事ではない。新宿区では今月4日夜、観光バスの「はとバス」が停車中のハイヤーに追突し、ハイヤーの運転手が死亡する事故が起きているのだ。バスの運転手は事故当時、インフルエンザにかかっており高熱があったとみられている。

 こうした事故にいつどこで遭遇するか予測できない。年末年始に帰省や旅行でバスを利用する際は、万一の事態を覚悟しておくことが必要だろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?