【速報】『エコノミスト2020』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【速報】『エコノミスト2020 』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!の画像1
画像は「The Economist」より

 今年もイギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』が、翌年の世界情勢について論じた『世界はこうなる』シリーズの2020年版を刊行した(日本語版発売日は未発表)。そこで語られる内容はビジネスパーソンのみならず、世界中のリーダーたちからも重視されており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。一昨年は、ポップなピクトグラム(絵文字)を用いた“不気味な予言”をし、昨年はレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、彼が描いた「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにした新世界秩序(New World Order)による年度計画を発表した。

 年々簡素化している『世界はこうなる』の表紙だが、今年はあまりにも素っ気ない。ミニマリズムの極致と化しているのだ。絵もなく色もほぼ黒、余白が余りにも大きい。

 冒頭三行の「The World in 2020」は同誌のタイトルだから良いとして、分析対象となるのは、その下の文字列だ。単語毎にまとまりがなく非常に分かりづらい。わかち書きさえ省く徹底したエコっぷり。文字情報さえあれば良いだろうという、ある種の傲慢ささえにじみ出ている。

 列記されている単語は以下だ。

【速報】『エコノミスト2020 』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!の画像2
画像は「The Economist」より

・Trump(米ドナルド・トランプ大統領)

・Brexit(ブレグジット)

・AI(人工知能)

・Tokyo(2020東京オリンピック)

・Mars(NASA火星探査機「マーズ2020」)

・Climate(気候変動)

・Xi (習近平)

・Recession(2020年アメリカの景気後退予想)

・Modi (印ナレンドラ・モディ首相)

・Expo (2020年ドバイ国際博覧会)

・SDGs (持続可能な開発目標)

・Bond (『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』2020年公開)

・Beethoven(ベートーヴェン生誕250周年)

・Visions(失明予防キャンペーン「VISION 2020」)

・Biodiversity(2020年「国連生物多様性会議」)

・Rat (ねずみ年)

・NPT (2020年核兵器不拡散条約)

・Warren (2020年大統領選挙候補者エリザベス・ウォーレン)

・Raphael (ラファエロ没後500周年)

・Nightingale (ナイチンゲール生誕200年、国際看護師・助産師年)

・Russia(ロシア)

【速報】『エコノミスト2020 』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!の画像3
エリザベス・ウォーレン上院議員。画像は「Wikipedia」より

 基本的に2020年に開催されるイベントや予想されている出来事が書かれているが、気になるのは、エリザベス・ウォーレン上院議員の名だ。グーグルやフェイスブックなど巨大IT企業を舌鋒鋭く非難していることで注目を集めているが、民主党内の人気ではバイデン元副大統領に続いて2番手だ。しかし、エコノミストはウォーレン上院議員の勝利を予想しているということだろうか?

 また、唯一国名として登場するロシアも気になるところだ。実は現在、世界反ドーピング機関(WADA)が、ロシアの組織的なデータ改ざんを認定し、4年間の追放処分を検討している最中なのだ。もし、追放が決定すれば、ロシアは2020年の東京オリンピックに出場できなくなる。

 他にも縦読みや斜め読みで何か隠されたメッセージが見つかるかもしれない。読者の皆さんにも是非試してみて欲しい。

コメント

4:匿名 2019年12月16日 11:14 | 返信

なんかワクワク感がなくなった

3:聖帝 2019年12月10日 21:21 | 返信

間違いではないな!生物の体が妖精に変化するんだよ!世界のどこかではおきているだろう。アセンションのこトカナ?

2:匿名 2019年12月9日 21:15 | 返信

生物体妖精…とうとうエコノミストもオカルトに!?
生物多様性の間違いでしょうが、曲りなりにも雑誌媒体なのに、こんな解り易い誤字もチェックできないとか。最近のTOKANAの手抜き感は異常。
ということで、生物体妖精の記事を一つ頑張って捏造しましょう。
そっちのが読みたい。

1:聖帝 2019年12月9日 21:01 | 返信

毎年話題になるが実際はあまり関係ない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。