盗作疑惑で話題になった芸能人4人!板野友美、ブルゾンちえみ もはやパクリ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は、「板野友美」公式Twitterより

 元AKB48の板野友美が10月16日にリリースしたミニアルバム「LOCA」。残念ながら売り上げではなく、“盗作疑惑”により注目を集めている。

 問題視されたのは、板野にとって初のラテンサウンドとなる表題曲「LOCA」。大人の一面を覗かせた情熱的なナンバーだが、発売直後からショーン・メンデス&カミラ・カベロによる「セニョリータ」との類似を指摘する声が続出したのだ。またアルバムジャケットとカベロのアーティスト写真まで酷似していることが発覚し、ネット上には「イントロがまんま『セニョリータ』すぎて笑えないレベル」「アーティストを名乗ってるのに全てパクリで恥ずかしくないんか」と厳しい意見が相次ぐことに。冷ややかな声も多く、「誰も聴いてないのに何か問題あるんかしら?」「割とマジで、ファンがまだいたんだね」との反応が寄せられていた。

 今回は板野のように、盗作が話題になった芸能人たちをご紹介しよう。

●安倍なつみ

画像は、「安倍なつみ」オフィシャルウェブサイトより

 まずは元「モーニング娘。」の安倍なつみから。彼女の盗作騒動が巻き起こったのは2004年のことで、写真集やエッセイ集に掲載した自作の詩に注目が集まることに。aikoら人気アーティストの歌詞との類似を続々と指摘され、ついには所属事務所が安倍本人に盗作の有無を確認するほどの事態となったのだ。

 安倍はその後ブログで、以前から「素敵だな」と思った詩やフレーズをノートに書き留めていたと告白。さらに「人の詩やフレーズに勝手に手を加えた形で発表してしまいました」と盗作を認めて謝罪した。アイドルとして一世を風靡した安倍だけに盗作騒動の影響は大きく、活動自粛の上に出場が決まっていた『NHK紅白歌合戦』も辞退。紅白には後藤真希・松浦亜弥とともに「後浦なつみ」として登場予定だったが、後藤・松浦を巻き込む形で出場を逃している。

コメント

2:ドラソウズ大統領 2019年12月30日 14:51 | 返信

誰が読んでも分かるように書けや。
クソつまんねーし。

1:トランプ大統領 2019年12月30日 12:46 | 返信

パクリ野郎はこの間火を付けて成敗してやっただろう。
それだけではない。ここに書き込んでいたら俺のパクリ野郎が現れる現象が起きただろう?
俺の事を盗もうとするチョンがいるっていう証拠だ。
すべて俺の言っていることが正しいので、悪乗りでも良いから信じるようにしてもらいたい。
俺は俺のストーリーを紹介したにすぎんぞ?事実を言っているだけだ。
元々そのような設定がされてそう呼ばれているのだから、パクったわけではない。
そんなことを言うなら俺を完全に独立させるべきだ!
パクリ行為をしているなどと、ゴキブリとしてイカレタ神に作られたシナチョンが言う言葉ではない。俺をパクっている分際で何寝言を言っているんだ?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。