【閲覧注意】体を張って「手榴弾の爆発」を最小限に抑えた男! ドゥテルテも称賛、テロに立ち向かった警官が“殉職する決定的瞬間”=比

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】体を張って「手榴弾の爆発」を最小限に抑えた男! ドゥテルテも称賛、テロに立ち向かった警官が殉職する決定的瞬間=比の画像1画像は、「YouTube」より

 フィリピン・ミサミスオリエンタル州にあるイニータオ大学で先月28日、手榴弾を持った男が敷地内に侵入する事件が発生した。男はエブラヒム・アンパソ・バッシャー(65)と特定されている。警官のジェイソン・マグノさんとアリス・バリドさんが現場に駆け付けると、エブラヒム容疑者はピンを抜いた手榴弾を投げつけた。マグノさんは、パニックに陥った学生たちを守るため、手榴弾を抱きしめて自らの体で爆発の被害を最小限に抑えようとした。マグノさんは搬送先の病院で死亡が確認された。警察の発表によると、爆発によってバリドさんと約10人の生徒と教師が負傷したが、全員が順調に回復しているという。

 事件当時の様子をとらえた映像がYouTubeなどで公開されている。学生たちが逃げ惑う中、手榴弾を持ったマグノさんは学生たちから離れて行く。バリドさんがエブラヒム容疑者に足をかけて転倒させた直後、爆発が起きた。エブラヒム容疑者は隙をついて逃げようとしたが、警官によって射殺された。

 警察のトップであるアルチー・ガンボア氏は、マグノさんに敬意を示して「彼の死は無駄ではありませんでした」と述べ、「マグノ、バリド、そして彼らのもとへ駆けつけたたくさんの警官たちには、ボニファシオ(フィリピン独立革命のリーダー)や、我が国のために命を落とした国民的英雄たちと同様の愛国心があります」と強調した。

 今月5日、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、殉職したマグノさんにラプ=ラプ勲章とフィリピン国家警察勲章を授与した。マグノさんの家族やバリドさんにも勲章を授与し、経済的支援を約束した。ラプ=ラプ勲章は職務中に命を失った公務員に与えられる。また、フィリピン国家警察勲章は、任務の枠を超えて勇気ある行動や自己犠牲を伴う行動をした警察官に送られる最高の勲章である。

 マグノさんはこの世を去ってしまったが、彼の勇気ある行動はこれからも人々に語り継がれていくことだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:トランプ大統領 2019年12月12日 00:45 | 返信

肝心な一連の手榴弾の取り出しから爆発シーンまでまともに映っていないし爆発でびっくりしすぎ。
せめてカメラを横にして映してほしかった。よくわからんから、残念に思う。
ジェイソンにアリス?俺キャラじゃねぇか!
13日の金曜日のジェイソンに不思議の国のアリスだぞ!
俺キャラの警官だが、まだまだやり方が甘すぎる!もっと芸術的に敵を仕留めるべきだ!
やるなら、ピンを抜く前に殴り倒して、手錠を手摺りなどに通して掛けて動けないようにしてから、ピンを抜いた手榴弾を口に咥えさせておくか、手に持った手榴弾を銃で爆発させる、もしくは手榴弾をはじき返すか、投げた手榴弾を手に取って犯人を殴って怯ませてから服の中に入れてやり、取れないまま爆破させればゲーム上、最高ランクでの勝利が出来たはずだ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?