「2分に1回エロかホラー」幽霊に犯される巨乳美女、M字開脚で股間をガン見されて潮吹き! 映画『シオリノインム』監督&女優インタビュー

「2分に1回エロかホラー」幽霊に犯される巨乳美女、M字開脚で股間をガン見されて潮吹き! 映画『シオリノインム』監督&女優インタビューの画像4
左:松川千紘、右:佐藤周監督(撮影=編集部)

◼女優・松川千紘の秘められた魅力と意外な趣味とは!?

――ヒロインの詩織役に松川さんが抜擢された理由ですが、何か特別な魅力を感じたからでしょうか?

佐藤  松川さんは、落ち着いた外見とは違って明るくてけっこうぺらぺら喋るので、それはそれで面白いなと思ったんです。それに、おっぱいが大きくて何か秘められた感もある。本作は、闇を抱えた地味な女性が豹変していくというストーリーだったので、松川さんだとストーリーが描きやすいなと感じました。さらに、趣味が「キャンドル作り」というところにも興味を持ちました。

――本中でも詩織はキャンドルを作っていますが、あれは松川さんの趣味そのままだったということですね!?

佐藤  そうなんです。男の子でいうプラモデル作りなんかと似ていて、趣味が地味といっては失礼ですが、アウトドアよりインドア系といった部分も、僕の詩織像に近いと思いました。

――監督の思い描く詩織のイメージにピッタリだったんですね。では、松川さんにお聞きしますが、幽霊にレイプされるというショッキングな設定で、さらに裸になるということで、この役を受けるか否かという迷いはなかったのですか?

松川千紘(以下、松川)  最初は迷っていませんでした。脱ぐことよりも「主演ができる」ということのほうが先にあって、「そんなチャンスはなかなかない」と思って「やります」と返事したんです。でも、しばらくして冷静になるとちょっと考えたりしましたね。

「2分に1回エロかホラー」幽霊に犯される巨乳美女、M字開脚で股間をガン見されて潮吹き! 映画『シオリノインム』監督&女優インタビューの画像5
松川千紘(撮影=編集部)

――演じるにあたって、どのあたりに苦労しましたか?

松川  プロットでは物語を理解しやすかったのですが、台本にするとセリフとセリフの間に、喘ぎ声だとか性的な描写がたくさん入っていて、すんなり話が入ってこなくて戸惑いましたね。(笑)

――確かに性的描写は多くありましたね。詩織は別れた彼氏のことを忘れられないなど引きずるタイプなのかなと思いましたが、松川さんは恋愛に関して引きずるタイプですか?

松川  「彼がいないならそれでいいや」と思っているので、あまり引きずらないです。ただ、そんな時には「別れたばかりだからいたわってよ」というオーラを1週間くらい出して人前では食欲がないふりをします(笑)。

佐藤  そうとうしんどい撮影だったのに、松川さんのこのサバサバした感じにすごい助けられていましたね。落ち込んでいるなと思っても、次の日は笑顔でやって来てくれるし。

松川  実際は落ち込む日もあったりしたのですが、ネガティブなほうに引きずられないように、現場では明るくがんばろうと思っていました。

「2分に1回エロかホラー」幽霊に犯される巨乳美女、M字開脚で股間をガン見されて潮吹き! 映画『シオリノインム』監督&女優インタビューのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで