12月15日は日本プロレスの父・力道山が死亡した日! ナイフで刺された後の暴飲暴食が災いし…

12月15日は日本プロレスの父・力道山が死亡した日! ナイフで刺された後の暴飲暴食が災いし…の画像1
(写真はWikipedia 力道山より使用。Public Domain)

『柔道王・木村政彦との日本選手権に勝利直後の力道山』(1954年12月12日撮影)

 1963年12月15日は、“日本プロレスの父”といわれるプロレスラーにして、元大相撲関脇であった力道山が死亡した日である。


 第二次世界大戦での敗戦に打ちひしがれていた国民に希望を与え、白人レスラーを蹂躙するそのファイトスタイルで爆発的な人気を獲得していたプロレスラー、力道山。


 “昭和の柔道王”こと木村政彦との世紀の決戦に於いても“第一戦は引き分け”という事前の取り決めを無視したセメント・マッチに出て木村をリンチ状態にして勝利し、名実ともに“昭和の格闘王”の玉座に君臨した。


 しかし、その粗暴な性格からトラブルを招くことも多く、死因もまさにその荒すぎる気性が災いした結果であった。


 1963年12月8日、赤坂のナイトクラブで酩酊していた力道山は、脇を通りかかった暴力団員・村田勝志に「足を踏んだ」と口論をふっかけ、馬乗りになって殴り続けたが、身の危険を感じた村田が懐に持っていたナイフで腹部を突き刺された。


 そのまま病院に搬送され一時は一命をとりとめたに見えた力道山だったが、入院7日目に腹膜炎からの腸閉塞と病状が悪化し、再手術の甲斐もなく死亡した。


 その急死には諸説あり、「気管挿管の失敗という医療ミス」「腹膜炎に油断し寿司や酒を暴飲暴食」等の憶測が囁かれている。


 生前の人となりから考えると後者の暴飲暴食というエピソードが妥当なところであろう。


 元々は韓国人であった1942年に17歳で来日し、39歳で日本の英雄として死亡。


 本国で生きた17年をたった5年ほど上回る日本での22年であったが、その最後の日まで、日本国民に残した記憶は永遠に消えないほど強烈なものばかりであった。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ