12月16日は第35代横綱・双葉山定次が死亡した日! 白鳳も破れなかった不倒の69連勝、だが引退後は新宗教にハマり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
12月16日は第35代横綱・双葉山定次が死亡した日! 白鳳も破れなかった不倒の69連勝、だが引退後は新宗教にハマり…の画像1
(画像はWikipedia Futabayamaより使用。Public Domain)

『1940年頃の双葉山定次』

 1968年12月16日は、いまだ大相撲に残る不倒の大記録、69連勝で知られる第35代横綱・双葉山定次が死亡した日である。


 上手投げを得意とする稀代の怪力として知られ、幕内通算276勝68敗1分33休、勝率.820、優勝12回(うち全勝8回)というめざましい記録を残した昭和初期の大横綱。


 70勝目を賭けた大一番に敗れた際に残した「いまだ木鶏たりえず」の言葉は、大相撲史に残る名言である。


 そのような“心・技・体”を兼ね備えた双葉山でさえ、引退直後に新興宗教「璽宇」にマインドコントロールされ、教祖の璽光尊とともに食糧管理法違反で逮捕されるという前代未聞のスキャンダルを引き起こしている。


 昨今は横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行問題や、貴乃花親方と大相撲協会との不和、そして廃業が衆目を集めているが、5場所連続全勝、69連勝なる不滅の大記録を誇った稀代の大横綱でさえ、心の迷いから洗脳を受けてしまうことがあったのだ。


 勝負事と神事という人間の領域を超えた世界の住人に、現代的な倫理まで持ち込まれた現在の大相撲界が混乱を来すのも、全く不思議な話ではないといえよう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。