レントゲン写真が「ジャンジャンバリバリ」状態! 10代少年、尿道に磁石の玉を大量に入れて大出血!

関連キーワード:

,

,

,

レントゲン写真が「ジャンジャンバリバリ」状態! 10代少年、尿道に磁石の玉を大量に入れて大出血!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 電球にタウナギ、徳利に南京錠、そしてガラスコップまで……。中国ではなぜか、男性が肛門や尿道に様々な遺物を挿入しては病院送りになるという怪事件が頻発している。

 そして今度は13歳と14歳の二人の少年が、尿道に磁石の玉である。しかも、その数がハンパなかった。一人は31個、もう一人にいたっては53個もあの狭い尿道に磁石の玉を入れていたのである。

 湖北省の省都・武漢市の児童病院で先日、続けて二人の少年が、まったく同じ症状で診察を受けに来た。

 14歳の少年、華華(仮名)は、幼いころから祖父母に育てられてきたが、今月12日の夜になって、口ごもりながら祖父に打ち明けた。「おちんちんから血が出てきた」

 見るとパンツが血だらけになっており、驚いた祖父が華華に何が起きたのか尋ねると、前の晩にトイレに行った際、好奇心から、バッキーボールという小さな磁石の玉を尿道にいくつも入れたと答えたのだという。

 華華はすぐに取り出せると思っていたが、取り出そうとすればするほど、磁石の玉は奥に入っていってしまう。磁石だからその磁力でくっつけて中の玉を取り出せるのではと思い、別の玉を尿道の先に入れて引っ張り出そうとしたが、奥の玉の磁力に引っ張られてその玉まで取り出せなくなってしまった。

 焦った華華はそれを何度も繰り返したが、玉はどんどん中に入っていってしまう。1時間ほど悪戦苦闘したのちに華華はあきらめ、祖父母に言う勇気もなく、そのまま寝てしまった。

 そして翌日、学校に行ったところ、お昼ごろになって尿道から出血していることが分かり、夜になってようやく、祖父に告げたのだった。

 そして華華はすぐさま病院に連れていかれ、緊急手術を行い、危機を脱した。取り出した磁石の玉は、なんと53個にも及んだという。

 こういったことは単独では起こらないもので、実はこの病院では、その前の週にも、まったく同じ症状の治療を行っていた。

 13歳になる少年の小辰(仮名)が腹痛を訴えて病院にやってきたのだが、医師は最初、小辰が何か変なものを飲み込んだのではないかと思っていた。ところがレントゲン写真を見ると、膀胱の中に小さな金属の玉が連なって入っているのが見えたのだ。

レントゲン写真が「ジャンジャンバリバリ」状態! 10代少年、尿道に磁石の玉を大量に入れて大出血!の画像2
小辰のレントゲン写真。これがパチンコ台ならばジャンジャンバリバリ状態である。

 小辰に事情を聞いてみると、“人体探索”のために好奇心から磁石の玉を入れたのだという。それからすでに2カ月以上がたっていた。そのため医師はすぐさま手術を行い、小辰の膀胱から31個の玉を取り出したのである。

レントゲン写真が「ジャンジャンバリバリ」状態! 10代少年、尿道に磁石の玉を大量に入れて大出血!の画像3
手術で取り出された磁石の玉

 思春期のころは、誰しも自らの体や性器に対していろいろな好奇心が出てくるものだが、あの狭い尿道に、小さな玉を入れたくなるものだろうか? 頭の固い大人となってしまった今では、まったく理解不能である。

参考:「新浪湖北」ほか

文=佐久間賢三

●佐久間賢三

中国語などまったく話せなかったのに、仕事で中国に渡ることに。それから10年近くに及んだ中国生活で鍛えられ、フリーライターに。中国のお笑いネタ、エロネタが得意分野。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

関連キーワード

コメント

3:匿名 2020年1月2日 02:23 | 返信

尿道気持ちいいらしいよ

2:匿名 2019年12月23日 20:18 | 返信

筆者が試してみたところ
10個が限界だったくらい書いて

1:匿名 2019年12月23日 12:24 | 返信

アホだろこいつ等。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。