【閲覧注意】12歳少女を86歳老人らが複数でレイプ、2回妊娠させる! 「やりたい放題」だった鬼畜すぎる実態とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【閲覧注意】12歳少女を86歳老人らが複数でレイプ、2回妊娠させる! 「やりたい放題」だった鬼畜すぎる実態とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 中国にもロリコンは少なくないが、行きすぎた性癖による身勝手な行為で幼児が犠牲になる事件が後を絶たない。先日は、12歳の知的障害を持つ女児が鬼畜の魔の手にかかった。

「澎湃新聞」(11月17日付)などによると、広東省茂名信宜市に住む文さん(仮名)は今年3月18日、妊娠していることが発覚した。叔母によると、文さんは5〜6人から性的暴力を受けていたという。文さんは堕胎手術を受けると、警察は犯人を特定するためにDNA検査まで行ったが、未だに犯人はわかっていない。

 それから7カ月以上が経過した10月、文さんはどこか元気がなかった。親戚が同月24日、病院へ連れて行くと、なんと、またもや妊娠していることが発覚。つまり、8カ月の間に2回も妊娠させられたことになる。

【閲覧注意】12歳少女を86歳老人らが複数でレイプ、2回妊娠させる! 「やりたい放題」だった鬼畜すぎる実態とは!?の画像2
8カ月間に2回も妊娠させられた文さん(「聯合日報」より)

 11月16日に2度目となる堕胎手術が行われると、胎児は監察医に回された。容疑者は複数名いるが、警察によると、86歳の老人が容疑を認め、もう一人の容疑者については、家まで押しかけて文さんを殴った疑いがあるという。文さんが知的障害を持っていることをいいことに、やりたい放題だったようだ。

 文さんにとって不運だったのは、両親も知的障害を持っていることだ。インターネットでは「こういう男は死ぬべき」など犯人を激しく糾弾するコメントが見られたほか、1回目の妊娠後に何の対策も講じてこなかった学校を非難する声もあった。また、中国障害者聯合会は17日、中国版Twitter「微博(ウェイボー)」公式アカウントで「知的障害の女児への性的暴行の悪行を糾弾する」との声明を発表している。

 一方で、「このような家庭は子どもを養うべきではない」といった厳しいコメントもあった。しかし、障害があろうがなかろうが、そもそも女児に性的暴行を働くことが間違っており、それに関わっている人間が複数名いることが問題だ。一刻も早い全貌解明が求められる。


参考:「聯合日報」、ほか

文=中山介石

■中山介石

1970年、神奈川県横浜市生まれ。広東省広州市で中華料理のシェフになるべく修行するも挫折。現在は、日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶかたわら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

 

コメント

3:匿名 2019年12月18日 18:15 | 返信

※2ムーの番組に出てる女の人が編集長じゃないの?
女の人居るやん。
ヘイトとかじゃないし、犯罪を肯定する内容でもないのに

2:匿名 2019年12月18日 04:12 | 返信

トカナの編集部さま。トカナの記事は、毎回女性を辱める内容ばかりを掲載されるので、コメント欄に、ヘイトスピーチや、暴力的なコメントが多いのです。オカルトなのに、男性中心の、性ばかりに引きつける見出し。トカナの編集部は女性がおらず、いてもセクハラが多く、辞めていく環境だと思います。記事の真偽云々よりも、編集部の女性蔑視の体質が問題です。短絡的な読者には居心地の良いサイトですね。

1:聖帝 2019年12月16日 12:12 | 返信

こーゆー外道は許せんな‼️人の気持ちがなぜ分からないんだ?自分がされたらイヤなことは他人にするんじゃあねーよ!人間としての基本だぞ!正に汚物だな!汚物は消毒だ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?