12月18日は昭和の将棋界を牽引した「米長邦雄九段」の死亡した日! 稀代の好色家、性生活のため前立腺の全摘手術を躊躇し…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
(写真は米長邦雄Twitterより使用)

『米長邦雄の2012年12月1日のツイート』

 2012年12月18日は、昭和の将棋界を牽引した永世棋聖、米長邦雄九段の死亡した日である。


 タイトル獲得期19という歴代5位の圧倒的な強さを誇った棋士としてのみならず、豪放磊落(ごうほうらいらく)な発言の数々や42歳でのヌード披露等で、将棋界の外でも話題を振りまき続け、稀代の好色家としても知られた型破りな生き方は、それまでの棋士のイメージを大きく覆すものであった。


 また、日本将棋連盟会長を務めていた時代の公式ウェブサイトでの「Wピース写真」やTwitterでの忌憚のない発言で、将棋に興味のなかったであろう若いネット世代にも衝撃を与えていたことでも知られる。


 その死に際しても、2008年に前立腺ガンの告知を受けた際に、性生活のために全摘手術をためらったことが転移に繋がったと自著の中で告白している。


 そのあたりの米長の心情はウェブサイト『米長邦雄の家』内にある『癌ノート』でもいまだに読めるが、そこにあるのは、“ひとかどの業績を為した著名人が、全摘後のセックスについてここまで公に葛藤できるのか”と思わざるを得ない快文だ。


 永世棋聖と呼ばれた男が、《死》と《男性としての死に際》してどのように考えていたのかがそこには遺されており、他に類を見ない貴重な資料といえるだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。