指原莉乃も深津絵里も昔は違うキャラだった!? 3つの名前で活動した時期も…謎のキャラだった芸能人4人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●指原莉乃

画像は、「太田プロダクション」公式サイトより


 AKBグループで活躍していた指原莉乃。今年4月にHKT48を卒業した彼女はグループ在籍時代に総選挙で4度女王の座に輝くなど、ファンから絶大な支持を獲得してきた存在だ。かつて『週刊AKB』(テレビ東京系)でバンジージャンプにどうしても挑めず、“ヘタレキャラ”が定着して人気を獲得した経緯がある。

 そんな指原は2012年に恋愛スキャンダルを報じられてしまい、AKB48からHKT48に移籍。状況が一変したことで、ファンの支持を失うものと思われていた。ところがヘタレだったはずの指原は、スキャンダルをネタにしてさらなる飛躍を遂げることに。卒業直前には「デイリースポーツonline」のインタビューで、「『ヘタレ』というより、気は強かったんですよ。ただバンジーが飛べなかっただけで、気は強かった」と明かして話題を呼んだ。

今回は指原のように、“謎の設定”で活動していた芸能人たちをご紹介しよう。

●深津絵里

画像は、「アミューズ」オフィシャルウェブサイトより

 数々の映画・ドラマに出演して演技力を高く評価されている女優・深津絵里。実は歌手として活動していた期間があり、3つの名義を使い分ける“謎設定”が存在していた。

 ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)シリーズなど人気女優となった深津。そんな彼女は1988年に「水原里絵」「高原里絵」の名前を使って歌手デビューを果たし、それぞれの名義で曲調を使い分け。さらに「深津絵里」としても楽曲をリリースしたがいずれもヒットに繋がらず、その後は女優業に専念している。現在は公式サイトでもCD情報は見られず、ネット上には「名前を分けて歌手活動する意味なんてあったのかしら…」「どうやって売り出そうか試行錯誤した痕跡があるな」「女優に完全シフトして結果的には良かったんじゃない?」といった声が多い。

関連記事

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。