12月19日は世界文学史に残る名作『嵐が丘』の作者エミリー・ブロンテが死亡した日! 最期まで結核の治療を拒み続け…

12月19日は世界文学史に残る名作『嵐が丘』の作者エミリー・ブロンテが死亡した日! 最後まで結核の治療を拒み続け…の画像1
(写真はWikipedia Emily Brontëより使用。Public Domain)

『兄ブランウェルによる「ブロンテ姉妹の肖像画」』

 1748年12月19日は、世界文学史に残る名作『Wuthering Heights(嵐が丘)』の作者として知られるエミリー・ブロンテが死亡した日である。


 姉のシャーロット、妹のアンと共にイギリスのヴィクトリア時代を代表する小説家、“ブロンテ姉妹”と呼ばれる3人の中では次女(家系的には四女)であったエミリー(写真左)。


 18世紀当時の男性社会の状況下もあって、当初はエリス・ベルという男性とも女性ともつかない偽名で発表した『Wuthering Heights(嵐が丘)』。


 1847年の出版当時はこれといった評価を得ることはなかったが、その死後の20世紀には世界文学史に残る評価を得ることとなった。


 そしてその処女小説出版の翌年、酒とドラッグに溺れて急逝した兄ブランウェルの葬式で風邪を引き、それが元で結核にかかりわずか30歳で死亡することとなった。


 最後まで頑なに自らの病理を認めず、治療を拒絶して死亡したエミリーだった。


 そしてエミリーの一歳下のアン(『ワイルドフェル屋敷の人々』写真中央)も続いて結核にかかり、翌年死亡することになる。


 当時の平均年齢が40歳ほどであったことから、この兄を含めた連続死は珍しいものとはいえないが、長女と次女に当たるマリアとエリザベスが11歳、10歳で死亡していたこともあわせて、ブロンテ家が早世の家系であったことは確かであろう(ブロンテ姉妹の最年長であるシャーロット/写真右も38歳で死亡)。


 この短い人生と活動期間で不朽の人間ドラマを綴り、その見返りを得ることなく死んでいったエミリーに、改めて敬意を表したい。


 なお、写真の肖像画を描いた兄弟で唯一の男性、ブランウェルは両親の寵愛を受け放蕩のままにドラッグと酒に溺れ死んでいった人物として知られている。


 この肖像画の中央に自らも描いていたが、後になんの文学的才能も持たぬ自らを恥じ消去したのだという。


 不倫関係で仕事を失うなど、極めて人間らしい人生を歩み31歳で急死した兄の存在は、20世紀最高ともいえる妹エミリーの作品に何かを与えたのであろうか。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ