【閲覧注意】「折り畳まれた男」がハンパなく悲惨! 太ももと顔面がくっついて20年、“背骨を折る”難手術の末に…=中国

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】「折り畳まれた男」がハンパなく悲惨! 太ももと顔面がくっついて20年、背骨を折る難手術の末に…=中国の画像1画像は、「The Daily Mail」より

 中国湖南省永州市に住む李華さん(46)は「折り畳まれた男」と呼ばれていた。というのも、大きく曲がった背骨のせいで、20年前から顔を太ももに押し付けた格好で生活していたからだ。

 李さんの症状は「強直性脊椎炎(AS)」である。ASは非常に珍しい関節炎で、特異な遺伝子によって引き起こされると考えられている。脊椎の炎症により、背中や胸、首が硬直し痛みを伴う。また、骨がすり減るため、体が余分なカルシウムを生成して骨を成長させる。この過程で脊椎を構成する個々の骨が融合する場合がある。脊柱の湾曲によって前かがみの姿勢になる重症は「脊柱後弯症」と呼ばれる。

 李さんの症状は過去5年間でどんどん悪化し、背骨が大きく曲がったため身長は90センチになってしまった。しかし、彼は治療を受けられずにいた。彼の家族には治療費を支払うだけの経済的余裕がなかったのだ。地元の医療機関において、危険を理由に手術を拒否されたこともある。彼はまっすぐに座ったり横になったりすることができず、年老いた母親に一日中介護してもらう生活をしていた。

 そんな李さんは今年5月、広東省にある深セン大学総医院の脊椎外科・整形外科医師、陶恵人氏と出会った。陶医師は、李さんの姿勢が心臓と肺を圧迫しているため、この状態を軽減しなければ命に関わると判断し、手術することを決めた。過去にAS患者を手術したことのある陶医師だが、李さんのような重症患者を手術するのは初めてだったという。

 今年6月から会議が重ねられ、李さんの精密検査が実施されるとともに、半年にかけて行われる治療計画が策定された。陶医師によると、この計画では難しい手術が4回必要となり、それぞれの手術で李さんが麻痺に陥るリスクがあったという。

 通常の脊椎手術の20~30倍もリスクがある難手術は無事に成功した。李さんの背骨は、部分的に折られた後、まっすぐにされた。また、大腿骨を折ってから固定する手術も行われた。術後、李さんは歩行器の助けを借りて自由に動けるようになった。陶医師は、2~3カ月の理学療法で普通に動けるようになるだろうと述べる。

 李さんは、20年ぶりに仰向けに寝ることができて幸せな気持ちになったという。退院後は仕事をしてお金を稼ぎ、人助けをしたいと望んでいる。難病から解放された彼の輝かしい人生は始まったばかりだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?