12月22日は“柔道王”木村政彦が力道山に敗北した日! 試合前の事前密約を破られ…日本柔道史上に残り続ける不幸

12月22日は柔道王木村政彦が力道山に敗れた日! 試合前の事前密約を破られ…日本柔道史上に残り続ける不幸の画像1
(画像はWikipedia Rikidozanより使用。Public Domain)

『全日本選手権で鬼神のような強さを見せる力道山と敗れ去る“柔道王”木村政彦』

 1954年12月22日は、『全日本選手権』として行なわれた、プロレスラー・力道山と“柔道王”木村政彦の試合で、木村が破れた日である。


 天覧試合の勝利や全日本選手権13連覇を誇り、「木村の前に木村なし、木村の後に木村なし」とまで言われた不敗の昭和の柔道王、木村政彦が敗れたこの事件は、当時既に柔道を引退していたとはいえ、社会的に絶大な影響を及ぼした。


 新しいジャンルであったプロレスとその象徴であった力道山は戦後復興の象徴にまで登りつめ、一方破れた木村は、柔道界からも微妙な距離をとられることになり、後に力道山への殺意を告白することになるような日陰の人生を歩むこととなった。


 その勝負の真相は、引き分けの事前密約を本番で破った力道山の八百長破りという説が有力であるが、“強さ”の象徴であった木村が破れたことによる失墜は、木村の人生はおろか、死後数十年経った現在も回復したとは言い難い。


 勝負の世界の儚さと眩しさをまざまざと表現したこの木村の敗戦は、日本柔道史上に残り続ける《不幸》であるといえるだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

2:匿名 2019年12月22日 19:16 | 返信

その木村と闘ったエリオ・グレイシーの息子たちが日本のプロレスを殺しかけたんだから
歴史はどうなるかわからんもんだねぇ

1:匿名 2019年12月22日 19:07 | 返信

あれ金の力じゃなかったの?木村が本気になればそれこそ瞬殺だと聞いたが?

ついでに言うならモハメド・アリと某日本人プロレスラーも有名すぎるほどの八百長だと聞いた

あれはアリ側がキックと投げ技は聞いていない!と逆ギレして、使わないと約束しない限りは本国へ帰ると逆上した結果、プロレスラー側の譲歩の結果らしいわ、しかもこういう口約束があったことは世間に言うなとの脅し付き、どっかのコームインが目に浮かびますなw

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。