【超・閲覧注意】口と肛門から電極棒、叩いて首折り、生きたまま皮剥ぎ…! 最凶の動物虐待・毛皮産業を活動家が告発(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 よく目を見開いて、まずはこちらの動画をご覧いただきたい。

 これは、中国北部の工場で毛皮を刈られた大量のキツネやタヌキの死骸である。商品となる毛皮を刈り取られた動物たちは、文字どおりゴミのように扱われ、火葬されることもなく近隣の畑で農作物の肥料にされるという。

 一昔前に比べればブームも落ち着いてきた毛皮(リアルファー)だが、現在でも300円ショップなどではリアルファーのピアスやイヤリングを手軽に買うことができる状況だ。毛皮を身に着ける人々の多くが、「どうせ食糧として殺される動物の副産物なのだから、効率的な命の活用法だ」と気軽に考えているようだが、果たして本当にそうなのだろうか?

【超・閲覧注意】口と肛門から電極棒、叩いて首折り、生きたまま皮剥ぎ…! 最凶の動物虐待・毛皮産業を活動家が告発(インタビュー)の画像1
岡田千尋氏

 筆者は毛皮の製造過程と、その裏に隠された目を覆いたくなるような真相について、動物愛護団体「アニマルライツセンター」代表の岡田千尋氏に再びインタビューを行った。

※ 前回のインタビューはコチラ:牛の除角作業の闇 ~中韓より劣る日本の畜産環境~


■あまりにもおぞましい毛皮工場の惨状

――毛皮は本当に食糧になる動物の副産物なのでしょうか?

岡田千尋氏(以下、岡田)  そのようなケースも有りますが、毛皮を奪うだけのために殺される動物もいます。たとえば、肉を目的に飼育されるウサギ(ホワイトラビット)はまだ皮が薄く、身の白い時期をねらって生後9~12週で殺されます。一方、毛皮を目的に飼育されるウサギ(主にレッキスラビット)は、皮が厚くなる必要があるため約1年間飼育されてから殺されます。この2種類をかけ合わせた肉と毛皮兼用のウサギもいますが、利益の60%が肉から、40%は毛皮からといわれており、副産物とまではいえません。毛皮の為だけに殺されるウサギも多いのが実情です。

 ミンクの場合は、食用は存在せず毛皮用に殺されますし、タヌキやキツネもほぼ毛皮用です。最近ではフィンランドで毛皮用のモンスターフォックスというキツネまで作られてしまいました。

【超・閲覧注意】口と肛門から電極棒、叩いて首折り、生きたまま皮剥ぎ…! 最凶の動物虐待・毛皮産業を活動家が告発(インタビュー)の画像2
モンスターフォックス(画像提供:アニマルライツセンター)

 とにかく太らせることで、毛皮にする皮膚の面積を広くしたというキツネなのですが、可哀想に、毛に覆われて視界が制限され、目の感染症などの病気も発症しやすくなります。それにフィンランド生まれの品種ですから、中国で夏を過ごすのはとても辛いでしょうね。

【超・閲覧注意】口と肛門から電極棒、叩いて首折り、生きたまま皮剥ぎ…! 最凶の動物虐待・毛皮産業を活動家が告発(インタビュー)の画像3
モンスターフォックス(画像提供:アニマルライツセンター)

――今はエコファーの方が安く、洗濯もできるなど使いやすいのに、一部の人のお洒落のために動物の命を無残に奪うことには賛同できないですね。毛皮を刈り取られた動物たちの死骸の扱いも非常に雑ですが、飼育環境はいかがなものでしょうか?

コメント

10:匿名 2019年12月24日 22:04 | 返信

家畜の肉を利用するか毛皮を利用するか、ただそれだけの事。

9:匿名 2019年12月23日 09:25 | 返信

先進国ではフェイクファー推進運動がおこりルイヴィトンをはじめとした皮革製品業者がボコボコにされたのだが
それを知っている日本人はほとんどいない

8:名無しさん@ほしゅそく 2019年12月22日 21:55 | 返信

>> 7

あなたはシーシェパードですか?
明らかに、反日な発言ですね❗
だったら、日本から消えて下さい!

7:匿名 2019年12月22日 19:58 | 返信

ジャップ猿が昔、中国大陸や朝鮮半島の人間にしたコトだろ。自分たちに都合の悪い歴史はすぐ忘れるゴミジャップ。バカコメント並べて悦に入ってるバカヅラが想像できるな。全ての罪はジャップ猿に生れた時から罪人なんだ。誇れるコトなど何ひとつない。

6:名無しのガンダム好き 2019年12月22日 11:17 | 返信

言っておくが、中国や海外の方がもっと酷いぞ⁉️
愛護団体なんて、ポリコレで身勝手な、独善集団だ‼️

5:トランプ大統領 2019年12月22日 11:02 | 返信

まぁ、そのうち人間もこうなるのだから、全ては自業自得と言えるだろう。ヴィーガンが見たら猛抗議するだろう!こんな産業など幾ら処理出来るからと言っても環境破壊でしかないのだし、人間が増えれば増えるだけ同じ数の動物たちが無残に殺され、その死体を身に纏う人が増えるのだ。肥料にしても売り物になる植物にしか使わんだろうし、使い切れずに絶対に余る。最終的にゴミとして埋める事になるだろうな。せめて作った責任を取って自分の口で処理してもらいたい。キツネやタヌキの肉などシナ人にとっては通常の食料ではないのか?日本にやってきたシナ人を観察していると、利根川にやって来てはボラやハクレンを釣って持って帰っているし、東京湾奥の汚い海で育った牡蠣やらアオサやらを採って帰っているので、汚いものでも何でも中華料理して食べるようだから、本土のシナ人がキツネやタヌキを食べないなど考えられん。中華包丁で切れれば、料理出来ない物など無い筈だ!虫や人肉を料理出来るのだから、お店で売られている食肉などわざわざ買わなくても良いだろう!ここにキツネやタヌキの肉が有るぞ!

4:聖帝 2019年12月22日 06:48 | 返信

これは許せんな‼️あんなひどいことができるのは人間ではない!毛皮を買うのはヤメロ‼️買い手がいるから売り手ができる。そして動物虐待してるやつら!自分たちがどれだけ酷いことをしてるか早く気づけ‼️これは本当にダメだ‼️

3:匿名 2019年12月22日 00:05 | 返信

日本ってこういうのを諸外国みたいに
スパッと禁止って言わないよね
対応が遅いというかなんというか

2:匿名 2019年12月21日 23:44 | 返信

食肉の副産物が毛皮って… その発想はなかったな。
「肉なら何でもいい」「毛皮なら質は問わない」って人でもなければと
そういう発想はないんじゃないだろうか。
毛皮を好んで買う人って、そんなチープな発想の人間が多いんだろうか‥?
肉もミルクも、より好まれる品質を求めて品種改良がされてるんだから
毛皮も同じじゃないかと思うんだけどね。
まぁ、記事にあるような生産方法の場合では、そんなの考えられてないのはよくわかるけど。
皮も毛皮も、防寒として本当に必要な用途にだけ作られる(使われる)べきだなぁ。
ついでに私は、毛皮や皮製品は手入れが大変だから苦手だw

1:匿名 2019年12月21日 22:50 | 返信

「着ると運気が下がる」のか・・・
そう言われると着づらいね。
実験室で培養された人工の【人肉】がもうすぐ大ヒットするだろうから、毛皮も同じように培養すればいいのにね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。