「和牛」は呪われている? 来年は「からし蓮根」優勝か…お笑いオカルト解説

関連キーワード:

,

,

,

「和牛」は呪われている? 来年は「からし蓮根」優勝か…お笑いオカルト解説の画像1
画像は「吉本興業」より引用

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2019」(ABCテレビ・テレビ朝日系)が12月22日に放送された。10組のファイナリストのうち3組が進む最終決戦には、常連組のかまいたちと、ミルクボーイ、ぺこぱが進出。優勝候補だった和牛は、敗者復活戦から勝ち進むも、4位で敗れた。

 これについて、オカルト界からこんな声が聞こえてきている。

「M-1グランプリで、2016年、2017年、2018年と連続で準優勝していて、その実力は誰もが認める和牛だったため、今年こそ悲願の優勝を達成するのではないかといわれていましたが、惜しくも来年に持ち越されました。しかし、それ以上に奇妙な現象が起きていることがオカルト界では指摘されています」(オカルトお笑い評論家)

「2016年の銀シャリ優勝から、とろサーモン、霜降り明星、ミルクボーイと、食べ物系の名前が連続優勝しているのです。しかも、トロサーモン以降は、牛“トロ”フレーク、“霜降り”牛肉、牛=“ミルク”と、牛に関連する名前が連続している。にもかかわらず、和牛は優勝できないとなると、和牛を中心とした何らかの呪いが発生しているとしか思えないのです」(同)

「このままだと、来年は和牛に合う“からし”蓮根が優勝するのではないかとも囁かれています」(同)

「和牛が優勝するには、今すぐこの“牛の呪い”を解かねばなりません。そのためにはいくつか方法がありますが、まずは、今流れてしまっている世界線を断ち切ること。これには瞑想が有効です。瞑想してパラレルワールドに赴き、日常のちょっとしたことを“変えて”現実に戻ればよいのです。あるいは、シンプルに霊能者に相談し、呪いを解いてもらうか」(同)

「ちなみに、呪われているかどうかは、生卵を全身にすべらせて、それを割り、中身が濁っていたら呪われているということになるので、和牛の二人にはまず、生卵を体にすべらせてチェックしてみてほしいですね。来年は、しっかりと呪いを祓い落し、万全な状態で挑んでほしいのです」(同)

詳しくはコチラ→「卵を使って呪われているかを判断する方法

 ほかにも、オカルト界はM-1のここに注目している。

「和牛」は呪われている? 来年は「からし蓮根」優勝か…お笑いオカルト解説のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで