12月24日は世界的名俳優・三船敏郎が死亡した日! 日本人男性の“サムライ”イメージの原点…

12月24日は世界的名俳優・三船敏郎が死亡した日! 日本人男性のサムライイメージの原点…の画像1
(画像はウェブサイト『IMDb』より使用)

『『七人の侍』の三船敏郎』

 1997年12月24日は、世界的に知られる日本の俳優、三船敏郎が死亡した日である。


 いまだに世界的に根強い日本人男性のイメージ“サムライ”は、ほぼ三船ひとりが体現してできあがったものといっていいほどの絶大な影響力を誇る俳優である。


 また、三船敏郎は、同じく世界中にファンを持つ映画監督・黒澤明が使い続けた俳優として知られているが、三船自身、最も自らの人格に近い役は、黒澤の代表作『七人の侍』の無頼と気さくさを兼ね備えた菊千代だといい、脚本を読んだだけで自分の役がわかったというほどであった。


 それほどまでにお互いを認め合った伝説的な関係であった黒澤と三船であったが、1962年に三船が自らの独立プロの経営者となって以降は、契約の問題もあり、共作する機会は減っていった。


 そして、世界中の映画ファンが愛したその組み合わせは、それぞれが世界的知名度を獲得し終えた後半生では、観られなくなったのだった。


 しかし1997年に三船に先立たれた黒澤は、その真骨頂である骨太なアクション時代劇を撮らなくなった理由を聞かれ、「三船ほどの役者がいないから」と答えたという。


 三船敏郎という偉大な俳優の死は、黒澤明という偉大な映画監督の“ある大きな部分の死”でもあったのだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ