12月28日は俳優の田宮二郎が猟銃自殺した日! 一世一代の作品『白い巨塔』財前五郎役に入魂し過ぎ、バーンアウト状態に…

12月28日は俳優の田宮二郎が猟銃自殺した日! 一世一代の作品『白い巨塔』財前五郎役に入魂し過ぎ、バーンアウト状態に…の画像1
(写真はDVD『白い巨塔』1966年映画/発売=角川書店)

『DVD「白い巨塔」のジャケット』

 1978年12月28日は、俳優の田宮二郎が猟銃で自殺した日である。


 1966年の映画『白い巨塔』に主演するなど、若くして大映映画のスターとして活躍していた田宮だったが、サイドビジネスでの負債や舌禍事件による大映からの解雇など、精神的な苦痛の果てに双極性障害を患うようになっていった。


 それは自らが率先して実現に動いたテレビドラマ版の『白い巨塔』の制作中でも障害となり、鬱状態の田宮の奇行は収録現場でも度々問題となったという。


 そんな状況であったが、田宮が演じた医師・財前五郎の死を描く最終回は、自らの提案で遺書をしたためてくるなど、勝新太郎が絶賛するほどのリアリティを持ったものとなり、田宮の代表作と呼ぶに相応しい作品となった。


 しかし、その放送日が、作品の終幕がやってくる前に、田宮は自らの人生に幕を引いたのだった。
実際の死に際しても関係者に遺言を残し、趣味のクレー射撃で使用していた猟銃を抱いて、足の指で引き金を引いたといわれている。


 その死後、2度の放送回を残していたドラマ『白い巨塔』は主演俳優の自殺というこれ以上ない話題性で、30パーセントを超える記録的な視聴率をあげた。


 周囲の人間の言葉によれば、田宮はドラマ版『白い巨塔』撮影後、あまりに入魂し過ぎたせいか、これからどうしていいかわからないというようなバーンアウト状態になっていたという。


「どうしても財前五郎の死まで演じきりたい」との思いで実現させた一世一代の作品であったが、俳優は、その先の猟銃自殺までを描いていたというのであろうか。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ