ピエール瀧が見せた「瞬間の闇」とは!? 性格がいい評判しか聞かない中で暴露された“裏の素顔”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

画像は「YouTube」より引用

 平成から令和となった2019年も様々な芸能スキャンダルが巻き起こった。今だからこそ明かせる裏話と真相を総まくりする――。

「電気グルーヴ」の一員で、数々のドラマ、映画、CMにも出演してきたピエール瀧が3月12日、コカインを使用した麻薬取締法違反容疑で逮捕された。東京・世田谷区の自宅から車で数分のところに〝クスリ部屋〟を借り、そこでコカインを使用した罪に問われた。当時はNHK大河ドラマ「いだてん」の撮影中。瀧は降板となり、収録済みのシーンは撮り直しとなった。

 6月に開かれた初公判では違法薬物に手を染めた理由について「仕事が多忙でストレスを抱えていた」というベタな言い訳に終始。それでも反省と謝罪の言葉を並べたことで懲役1年6月、実行猶予3年の判決が下された。ここまでは瀧のシナリオ通り。法廷での殊勝な態度を真に受け「すぐに復帰できるのでは?」という芸能コメンテーターも出現した。

 だが、瀧被告にコカインを譲り渡した罪で逮捕された田坂真樹の公判が始まると、瀧の評価は一変する。10年以上前から瀧は違法薬物を常用し、知名度の上昇とともに薬物の購入は田坂に請け負わせた。彼女が瀧から紹介されたのは外国人の密売人。田坂は購入後、薬物を「飲み会」という隠語で表現し、「今後〝飲み会〟があって店を探しているんだけど、来ない?」「行く、行く。でも月曜じゃダメ?」といった具合に、瀧と〝商談〟を行っていた。

 さらに驚くべきは厚労省地方厚生局麻薬取締部、通称「マトリ」が瀧の自宅にガサに入ると、妻は田坂に連絡し、別宅マンションにあったとみられるブツの処理を頼んでいたことだ。つまり妻も広義の意味で〝グル〟だったのだ。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2020年1月5日 14:44 | 返信

ネットフィリックスってなに

5:匿名 2020年1月5日 10:27 | 返信

この世にいい人なんていねえんだよ
分からねえ奴らだな

4:匿名 2020年1月4日 21:05 | 返信

気持ち悪い擁護厨が湧いててゲロ吐きそうだなココ

3:匿名 2020年1月4日 13:05 | 返信

近所の子供が自転車を勝手に止めてしまったのを叱っただけで闇とか、無理やりにもほどがあるだろ。
印象操作するならもっと上手くやれよw

2:匿名 2020年1月4日 11:31 | 返信

今は令和二年。平成の話って今さら何?
彼にも私たちにも失礼。

1:聖帝 2020年1月4日 11:00 | 返信

ガキを唸った位でその書き方はダメだろ?印象操作か?そもそもガキを唸ったのも本当かは分からないだろ?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。