「今最も司会力が評価されているタレント2人」をTV業界人が暴露! ツッコミ役やナレーション役も不要レベル

「今最も司会力が評価されているタレント2人」をTV業界人が暴露! ツッコミ役やナレーション役も不要レベルの画像1
画像は「佐藤二朗オフィシャルサイト」より引用

 日々さまざまなジャンルの番組が放送されているが、そこに不可欠な存在が司会者だ。かつてはアナウンサーやお笑い芸人の独壇場だったが、SMAPや嵐などのアイドル、さらには役者までもが入り込み、その地位を狙う芸能人は数多い。

 しかし、ただ出演するだけならいざしらず、MCとあれば相当な技量が求められる。今現在、業界内で評価されている司会者は一体だれなのか。MC最新事情を聴いた。

「少し前までは中居正広さん、有吉弘行さん、山里亮太さんなどが司会者としての仕事が殺到するトップに君臨していました。有吉さんや山里さんはギャラが手頃で呼びやすい上に司会力がありますし、中居さんはおそらく今後もMCとしてトップに君臨し続けます。ただ、日々意見が変わるのがテレビ業界なので、今は新たな名前がさまざまな会議で出てきています」(放送作家)

 具体的にどのような名前が出ているのか。

「新しい名前で言えば佐藤二朗さんです。俳優さんですが『99人の壁』(フジテレビ系)における司会力が評価されています。演技もできるためにメリハリのある進行はもちろんですが、臨機応変に対応できる能力が高く評価されています。さらに、どちらかと言えば何かと茶々を入れたくなる芸人さんと違って、黙るべきところでは沈黙を恐れません。このようなスタンスから佐藤二朗さんに司会の仕事を増やしてほしいと願う声があります」(同)

 芸人に比べて役者は喋りの面で劣ると言われがちだが、たしかに内容によっては役者のほうがピッタリな番組も多いはずだ。重厚な雰囲気を打ち出したい番組などで今後も重宝されるのではないだろうか。

「今最も司会力が評価されているタレント2人」をTV業界人が暴露! ツッコミ役やナレーション役も不要レベルの画像2
画像は「芸能事務所ナチュラルエイト」より引用

 もうひとりは、既に定評あるあの人の名前が挙がった。

「マツコ・デラックスさんは多数の番組でMCを務めていますが、去年、再度注目されていました」(テレビ番組制作会社ディレクター)

 十分な実績があるだけに今さら感があるが、一体なぜなのか。

「以前から高い評価がありましたが、最近になって新しい司会者がいないかという話になったとき、結局はマツコさんが凄いという話になったんです。司会者にもいろいろなタイプがいますが、常に視聴者目線で必要に応じて解説を入れる進行タイプもあります。芸人さんで言うツッコミや番組ナレーションがその役目を果たすこともありますが、優れた司会者はそれを一手に引き受けます。それができるMCなんです」(同)

 マツコさんの番組では補足ナレーションがほぼ不要と言われるほど、見せ方をわかっているという。改めて凄さが認識されたということは、世代交代はもう少し先なのかもしれない。

文=吉沢ひかる

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

人気連載
「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

「この春のアナタの運命&運気」がわかるLove Me Doの4択占い! 生活激変、疲れ、悲しみ…!

■春のあなたの運気予報~2020~ 「あなたが正義のヒー...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。