【閲覧注意・猟奇人肉殺人】映画『チェイサー』元ネタのソウル20人連続殺し! くすぐりながら殴打、監禁、肝臓食い…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

 2003年9月24日、韓国・ソウル特別市江南区新沙洞の邸宅に住む大学名誉教授夫妻が殺害された。それを皮切りにして、高級住宅地に住む裕福な人たちが殺される事件が続発したが、12月になると金持ちをターゲットにした残虐な連続殺人事件はぴたりと止んだ。

 被害者たちは脳が飛び出るまで頭部をめちゃくちゃに殴打されていたり、首を滅多刺しにされていたりと、その遺体の状態はあまりにも酷かった。単なる金目当ての犯行ではなく怨恨の線もあるとされ、警察の捜査は錯綜し、難航していた。

 そうこうしているうちに、今度はソウル特別市の西部にある麻浦区で、売春婦が次々と行方不明になるという事件が発生した。そして2004年7月15日、売春婦連続殺人犯として逮捕された34歳の男は、金持ちたちを殺していたのも自分だと自供。2003年9月から逮捕されるまでのわずか10ヶ月間で、のべ20人を殺害したと、あっさり認めたのである。

 この恐るべき連続殺人犯の名はユ・ヨンチョルという。身長170cm、中肉中背で、どこにでもいるような風貌の男だった。

逮捕時のユ・ヨンチョル。画像は「Murderpedia」より引用

■苦難続きの幼少期

 ユは1970年4月18日に韓国南西部にある全羅北道に誕生。生まれて間もなく両親は離婚。乳幼児時代は兄姉とともに祖母に育てられ、その後、ソウルの麻浦区に住む父親に引き取られた。

 父、母ともに肉体労働者で生活はとても貧しかった。学校では貧乏であることをからかわれ、いじめも受けるようになり、「貧乏人は金持ちのせいで暮らしが貧しい。全ては金持ちが悪い」と憎しみを抱くようになっていった。アル中だった父親はユが15歳の時、信号無視をして車に撥ねられて死亡。一家の生活はますます貧しくなった。

 そんなユにも、子供の頃には夢があった。小学生の頃から絵を描いたりギターを弾いたり、歌ったり、詩を書くことに興味を持ち、その道で生計を立てたいと夢見るようになったのだ。しかし、頑張って受験した芸術専門高校は不合格。夢は打ち砕かれ、ユは工業専門高校に進学した。

コメント

4:匿名 2020年1月20日 02:28 | 返信

本当に何回も広告に飛ばされた。
しかし死刑でも足りないくらいな人畜

3:匿名 2020年1月3日 12:40 | 返信

犬でも食っとけば良かったのに

2:匿名 2020年1月2日 22:42 | 返信

>>1
数百円もないんかお前は

1:匿名 2020年1月2日 03:55 | 返信

一ページ読む間に4回も5回も広告に飛ばされて記事が読めないんだけど
読むなってことなのかな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?