1月5日は日本初の美容整形女優・松井須磨子が首吊り自殺を遂げた日! 不倫相手の劇作家・島村抱月の後を追って…

1月5日は日本初の美容整形女優・松井須磨子が首吊り自殺を遂げた日! 不倫相手の劇作家・島村抱月の後を追って…の画像1
(Wikipedia 松井須磨子より使用。Public Domain)

『『モンナ・ヴァンナ』でモンナ・ヴァンナ役を演じた時の松井須磨子』

 1919年1月5日は、新劇派の女優であり、日本初の美容整形女優と言われている松井須磨子が、不倫相手の島村抱月の後を追って2カ月後に首吊り自殺を遂げた日である。


 坪内逍遥と島村による新劇団体・文芸協会の女優であった松井であったが、既に妻子のあった島村との不倫が問題となり同協会を脱退。


 1913年に島村抱月と芸術座を旗揚げし、トルストイ原作の『復活』でのカチューシャ役で一躍人気女優となった。


 松井が歌った主題歌『カチューシャの唄(復活唱歌)』(抱月作詞・中山晋平作曲)も2万枚以上を売り上げる大ヒットナンバーとなり、日本初の“歌える女優”として活躍した。


 しかし、1918年11月5日に島村が病死(死因はスペイン風邪)すると、その2カ月後の1919年1月5日に東京・牛込区横寺町(現・東京都新宿区横寺町)にあった芸術倶楽部の道具部屋で首吊り自殺を遂げた。


 松井須磨子の人生は、その悲劇的な最期までを含め、どこまでも情熱的な“女優”という職業のパブリックイメージを確立したものであったといえるだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ