松潤と二宮「顔も見たくない」レベルの不仲!? 嵐&ジャニーズの不穏な今後と脱退…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は「Johnny’s Net」より引用


 平成から令和となった2019年も様々な芸能スキャンダルが巻き起こった。今だからこそ明かせる裏話と真相を総まくりする――。

 2019年に最も激変したのは芸能界の一大勢力であるジャニーズ事務所ではなかろうか。1月に突如、が2020年末をもって活動休止することを発表。理由はリーダー・大野智の〝ガス欠〟で「1度この世界を離れて、見たことのない景色を見てみたい」というものだったが、関係者によれば「大野だけでなく、相葉(雅紀)以外の3人も一旦区切りをつけてもいいという考えだったようだ」という。

 メンバーが揃った記者会見ではハプニングも勃発した。スポーツニッポンのK記者が「多大な功績を残されてきたが、一方では無責任という指摘もあるのではないか?」と質問。ネット上ではK記者に「失礼だ」「的外れ」といった批判が集中し、スポニチの公式ツイッターは大炎上した。これには現場取材していた日本テレビの青木源太アナウンサーもツイッターで「無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいてとても悔しくて悔しくて」と怒りをあらわにしていたが、これには後日談がある。

「マスコミ業界ではK記者に対して『ああいう質問をする人がいてもいい』とかばう声が圧倒的。むしろ取材者なのにファン丸出しだった青木アナへの厳しい声の方が多く、同アナはその後『私の言動で不快な思いをされた方々、申し訳ありませんでした』と謝罪しています。肝心のK記者はというと、ガラケーを使っていたため、ネット上で自分がどれだけ炎上しているか知らなかったそうです(笑)」(スポーツ紙記者)

 嵐は12月25日、活動休止前の最後のコンサートツアーを〝完走〟。約1年をかけて脅威の237万5000人を動員した。ただ、水を差したのはツアーの真っ最中に、かねて交際していた元フリーアナのIさんと結婚した二宮和也だ。音楽関係者の話。

「事務所は反対していたが、二宮の強硬姿勢に折れた形。Iさんはブログなどで〝匂わせ〟を連発していたため、アンチが多く、ネットは大荒れでした。それを察した二宮は代理人を通じて一部週刊誌に自宅取材の自粛と、Iさんの本名表記は控えるよう『警告書』を送った。彼女の身を心配しての措置でしょうが、ファンにしてみれば『嵐より彼女優先かよ』となる。案の定、結婚が原因でメンバーの松本潤さんとの関係は『顔も見たくない!』というほど、悪化しているそうです」

 メンバー間に修復不能な亀裂が入り、解散に至ったSMAPの二の舞にならなければいいが……。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。