【閲覧注意】トレーラーに轢かれた男が“水風船のように”破裂、肉片と血液をまき散らし…! 悲惨すぎる交通事故のリアル

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】トレーラーに轢かれた男が水風船のように破裂、肉片と血液をまき散らし…! 悲惨すぎる交通事故のリアルの画像1画像は、「Mothership.SG」より

 先月16日朝、シンガポールのセレター高速道路でオートバイを運転していた男性がトレーラーに轢かれて死亡する事故が起きた。その決定的瞬間をとらえたドライブレコーダーの映像が海外の過激動画共有サイト「Crazy Shit!」などで公開されている。

 走行中の車の前に、横倒しになったオートバイが滑り込んできた。画面左の斜線を走る黄色いトレーラーは、オートバイの運転手を轢いているにもかかわらず、停車することなく走り去った。道路には、タイヤに粉砕された運転手の肉片と血液が一気に飛散。それはまるで、赤い水で満たされた水風船が破裂したかのようだ。運転手の遺体は、もはや原形をとどめていない。

 死亡したオートバイの運転手は、マレーシアの都市ジョホールバル出身のマレーシア人、ワン・ライ・ペンさん(45)。彼はシンガポールで約20年間にわたって家具を取り扱うビジネスを営み、シンガポールとジョホールバルの両方に家を所有していた。結婚しておらず、両親を亡くしていたので一人暮らしだった。週末にはジョホールバルへ戻るが、平日はシンガポールに滞在していたという。警察は、ワンさんが死亡した今回の事故にはトレーラーだけでなく2台の車も関係していたとみている。

 ワンさんの甥であるチェンさんは「叔父はとても勤勉な人で、他人を助けるのが大好きでした。誰も彼がこのように死ぬとは思っていませんでした」と話す。その上で、叔父がジョホールバルから仕事に戻る途中で事故に遭った可能性があると指摘し、ワンさんの死を知った遺族が全員困惑していると加えた。チェンさんは、警察が事故の背後に隠れている真実を明らかにし、「叔父を安らかに眠らせる」ことを望んでいる。

 どんなに勤勉で誠実な人物だろうと、走行中の車に轢かれれば無残な肉塊と化してしまう。交通事故とはこのようにおぞましいものだ。ワンさんの死を直視して、教訓とし、交通事故の被害者にも加害者にもならないような人生を歩むことが大切である。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】トレーラーに轢かれた男が“水風船のように”破裂、肉片と血液をまき散らし…! 悲惨すぎる交通事故のリアルのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?