【閲覧注意】女の頭に“矢を撃ち込み”、皮膚を剥がして人肉を喰う連続殺人鬼! 通称クロスボウ・カニバル… 高学歴サイコパスの全貌!

■孤独の中で育った狂気

 キャシーを失ったスティーブンはアパートに引き籠るようになり、孤独を深めていった。口数少なく近隣住民がドアをノックしても出ないことも多かった。この頃の彼は、アパートの中では現実逃避するため、薬物を乱用していたと見られている。スティーブンのアパートの中には殺人に関する本が山積みとなっており、壁には日本刀が飾られ、複数のナイフ、斧、2機のクロスボウなどの武器コレクションが並べられていた。

 また、スティーブンは爬虫類を飼うようになった。動物好きな近隣住民が彼の部屋を訪れた際には、大きなトカゲが生きたネズミを引き裂きながら食べているところを、スティーブンがニヤニヤしながら眺めているのを目撃している。さらに、彼の数少ない友人男性は彼の家に招かれた時、スティーブンが目の前で、生まれたばかりのネズミの赤ん坊を美味そうに食べるのを見て狂気を感じ、以来、疎遠になったと証言している。

 34歳になったスティーブンはブラッドフォード大学の博士課程に入学し、殺人や連続殺人に関する犯罪学を学ぶようになる。バイトもせず無職だった彼の趣味は、インターネットで暴力的なポルノをダウンロード収集すること、そして、MySpaceにフェン・パライアというユーザー名で、連続殺人鬼についての書き込みをすることだった。ノンフィクションとフィクションが混じり合った文章を綴っていた彼は、ネット民の「気持ち悪い!」という反応を楽しんでいた。

【閲覧注意】女の頭に矢を撃ち込み、皮膚を剥がして人肉を喰う連続殺人鬼! 通称クロスボウ・カニバル… 高学歴サイコパスの全貌!の画像4
画像は「Murderpedia」より引用

 スティーブンには、この他にも”趣味”があった。恋人だったキャシーが住んでいる家の電話を調べ上げ、電話をかけまくり大量の留守電を残すというストーキング行為を毎日のようにしていたのだ。恐ろしい言葉で脅迫する留守電を残す一方で、愛していると優しい言葉を残したり、謝罪の言葉を残すこともあった。

 キャシーは、たくさんの留守電を聞いたが、一番恐ろしかったのは、ヒステリックに笑いまくる留守電だったと明かしている。このヒステリックな笑い声を留守電に残した夜、スティーブンは被害者の一人を殺害したのだった。

コメント

1:トランプ大統領 2020年1月26日 13:56 | 返信

これは悪の宇宙人に操られたチョンだ!高学歴で殺人鬼と言えばAI宇宙人である奴しかいない。日本にやって来たシナチョン共もこのような感じて縄文人を殺して行ったに違いないし、インディアンの皮を剥いで殺害する白人も同じである。人食い人種の差別主義者がこの偽物の世界を作ったのであるが、それはチョンに操られているからで、全てチョンが悪いのである。イギリスが万引大国なのもサッカーが下手で強いチームでレギュラーをやっているのは殆ど外人である事から見ても明らかである。日本の場合は日本人では無いし、縄文人もシナチョンもサッカーは苦手で才能が無いので、弱いのは仕方ないが、もし全員日本人ならば圧倒的優位で相手を病院送りにして完全優勝出来ている筈である。カラス野郎はサッカー好きな癖に素人のσ(゚∀゚ )オレにすら勝てない下手さで、ここはシナチョンに乗っ取られている国であるので、それが出来ないのが1番不満である。サッカーが下手でクソ弱い癖にサッカー好きなのが許せないし信じられん。σ(゚∀゚ )オレが復活した時は次元の違いというものを見せてやろう!どれだけ貴様らが弱いか思い知ると良い。フル代表をσ(゚∀゚ )オレU−18でフルボッコだ!殺すつもりで本気でやるので大差が付いても足を止めることは無い。元々この日本はσ(゚∀゚ )オレのものだ!ドラゴンがこの世界の支配者なのだから、σ(゚∀゚ )オレが日本代表でやるのが本来の姿で文句はあるまい。弱いバイオロボの人間は野球の方がまだ向いているぞ!才能の無い奴は他のスポーツに切り替えた方が良い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?