【閲覧注意】女の頭に“矢を撃ち込み”、皮膚を剥がして人肉を喰う連続殺人鬼! 通称クロスボウ・カニバル… 高学歴サイコパスの全貌!

■孤独の中で育った狂気

 キャシーを失ったスティーブンはアパートに引き籠るようになり、孤独を深めていった。口数少なく近隣住民がドアをノックしても出ないことも多かった。この頃の彼は、アパートの中では現実逃避するため、薬物を乱用していたと見られている。スティーブンのアパートの中には殺人に関する本が山積みとなっており、壁には日本刀が飾られ、複数のナイフ、斧、2機のクロスボウなどの武器コレクションが並べられていた。

 また、スティーブンは爬虫類を飼うようになった。動物好きな近隣住民が彼の部屋を訪れた際には、大きなトカゲが生きたネズミを引き裂きながら食べているところを、スティーブンがニヤニヤしながら眺めているのを目撃している。さらに、彼の数少ない友人男性は彼の家に招かれた時、スティーブンが目の前で、生まれたばかりのネズミの赤ん坊を美味そうに食べるのを見て狂気を感じ、以来、疎遠になったと証言している。

 34歳になったスティーブンはブラッドフォード大学の博士課程に入学し、殺人や連続殺人に関する犯罪学を学ぶようになる。バイトもせず無職だった彼の趣味は、インターネットで暴力的なポルノをダウンロード収集すること、そして、MySpaceにフェン・パライアというユーザー名で、連続殺人鬼についての書き込みをすることだった。ノンフィクションとフィクションが混じり合った文章を綴っていた彼は、ネット民の「気持ち悪い!」という反応を楽しんでいた。

【閲覧注意】女の頭に矢を撃ち込み、皮膚を剥がして人肉を喰う連続殺人鬼! 通称クロスボウ・カニバル… 高学歴サイコパスの全貌!の画像4
画像は「Murderpedia」より引用

 スティーブンには、この他にも”趣味”があった。恋人だったキャシーが住んでいる家の電話を調べ上げ、電話をかけまくり大量の留守電を残すというストーキング行為を毎日のようにしていたのだ。恐ろしい言葉で脅迫する留守電を残す一方で、愛していると優しい言葉を残したり、謝罪の言葉を残すこともあった。

 キャシーは、たくさんの留守電を聞いたが、一番恐ろしかったのは、ヒステリックに笑いまくる留守電だったと明かしている。このヒステリックな笑い声を留守電に残した夜、スティーブンは被害者の一人を殺害したのだった。

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

10月18~24日「今週アナタを襲う最悪の不幸」がわかる4択占い! 現れるのは天使か悪魔か… Love Me Doの当たるお告げ!

■2021年10月18日~24日「今週の不幸を回避し、運...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】女の頭に“矢を撃ち込み”、皮膚を剥がして人肉を喰う連続殺人鬼! 通称クロスボウ・カニバル… 高学歴サイコパスの全貌!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル