1月9日は東京五輪で銅メダルを獲得したランナー円谷幸吉が自殺した日! 故障と破談、宿命づけられた金メダルの重圧に耐えられず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1月9日は東京五輪で銅メダルを獲得したランナー円谷幸吉が自殺した日! 故障と破談、宿命づけられた金メダルの重圧に耐えられず…の画像1
(写真はWikicommons より使用。Public Domain)

『1964年東京オリンピック男子マラソンで走行中の円谷幸吉』1964年10月21日撮影

 1968年1月9日は、1964年東京オリンピック男子マラソン競技で銅メダルを獲得した日本を代表する長距離ランナー、円谷幸吉が自殺した日である。


 自国開催の東京オリンピック銅メダルを受け、次回メキシコ大会での金を宿命づけられた気鋭のランナーは、交際していた女性との結婚すら所属していた自衛隊体育学校校長により却下され破談。
さらには腰痛、椎間板ヘルニアと身体的な苦境にも晒されていた。


 そして1968年のメキシコオリンピックを直前に控えた1月9日、陸上自衛隊体育学校幹部宿舎のベッドに横たわり、カミソリで手首を切って自殺したのだった。


 トップアスリートの自殺というニュースと共に、家族に宛てられた、どこか幼くて切ない遺書が話題となった。


 それは「父上、母上様、三日とろゝ美味しうございました」の一文で始まり、家族と好きな食べ物が対で繰り返される、不思議な響きを持った“詩”であった。


 最後は「父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。何卒 お許し下さい。気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。」と結ばれており、栄光に彩られているかにみえた円谷の27年間の人生が、いかに孤独なものであったかが伝わってくる。


 現在のプロ化、商業化されたオリンピックの放つ自動的なまぶしさとは違う、悲壮なまでの滅私から出てくる光が、円谷の短すぎる人生にはあった。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメント

1:匿名 2020年1月9日 11:31 | 返信

>現在のプロ化、商業化されたオリンピックの放つ自動的なまぶしさとは違う、悲壮なまでの滅私から出てくる光が、円谷の短すぎる人生にはあった。

ここ名文

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。