菜々緒も…「本物のブスに謝れ」ブサイクをネタにして話題になった芸能人4人!

菜々緒も…「本物のブスに謝れ」ブサイクをネタにして話題になった芸能人4人!の画像1
画像は、「吉本興業株式会社」公式サイトより

 芸能人にとっては“ブサイク”という特徴も仕事道具の1つ。最近ではお笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹が、自分の顔を武器に人気を集めている。

 昨年発表された「よしもと男前ブサイクランキング2019」のブサイクランキングで、稲田は見事1位を獲得。2位のりんたろー。に約13万票もの差をつける16万666票を獲得していた。圧倒的なブサイク力を見せつけた稲田だが、結果発表会見では「僕はプロのブスです。だから何を言われても大丈夫ですが、間違っても一般の人に『アインシュタインの稲田に似てる』とかは絶対に言わないでください」とコメント。これにネット上では「中身はめっちゃイケメンじゃないか!」「一気に好感度が上がった」と絶賛の声が相次いでいる。

 今回はそんな稲田のように、ブサイクっぷりをネタにしている芸能人たちを紹介していこう。

●菜々緒

菜々緒も…「本物のブスに謝れ」ブサイクをネタにして話題になった芸能人4人!の画像2
画像は、「菜々緒」公式Instagramより


 まずは美人女優の菜々緒。一見“ブサイク”とは無縁の芸能人だが、以前Twitterで渾身の自虐を披露していた。ことの発端は、バカリズム(本名・升野英知)の喫煙に関するツイート。これに菜々緒が「升野たん、タバコやめようよ。体に良くないよ?」と返信したのだが、何故か菊地亜美が「升野さん体に悪いよ大丈夫?」と乱入してしまう。

 すかさずバカリズムが「さすが。ブスキャラの割り込み方の見本」とイジると、菊地は「ブスキャラじゃないんだけど!!! 私たちは升野さんの事を思って言ってるんだよ!」と抵抗。菜々緒も“ブスキャラ”として巻き込むような発言に、バカリズムは「しれっと私『たち』にすんな」と突っ込んでいる。すると菜々緒は「私ブスだよ!」と宣言。ブスキャラの流れに乗っかった形だが、一部の女性からは「それって嫌味?」「本物のブスに謝れ」などと批判されていた。

関連記事

    人気連載
    新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

    新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

    【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

    人気連載
    日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

    日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

    【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

    プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ