1月12日は日本プロ野球で伝説的な成績を残した投手ビクトル・スタルヒンが死亡した日! ロシアから亡命、生涯無国籍のまま…

1月12日は日本プロ野球で伝説的な成績を残した投手ビクトル・スタルヒンが死亡した日! ロシアから亡命、生涯無国籍のまま…の画像1
(画像はWikipedia Victor Starffinより使用。Public Domain)

『東京巨人軍のユニフォームで投球するスタルヒン』

 1957年1月12日は、ロシアから亡命し、生涯無国籍のまま黎明期の日本プロ野球で伝説的な成績を残した大投手、ビクトル・スタルヒンが死亡した日である。


 日本プロ野球初の外国生まれの選手でありながら、歴代6位の通算303勝、稲尾和久と並び歴代最多のシーズン42勝等、そして歴代1位の通算83完封勝利という爆発的な成績を残したスタルヒン。


 しかし華々しい活躍の一方で、多くの影がその生涯にはつきまとった。


 まずロシア革命で迫害され、両親と共に1925年に満州国経由で北海道旭川に亡命。


 9歳の頃には小学校に通っていたために日本語も堪能で、ほとんど全ての生活を日本人として送っていたが、あまりに日本人離れした白系ロシアのルックスのために、生涯日本に帰化することはできなかった。


 つまり、生涯通じて無国籍であったのである。


 さらに、父親が自営していた喫茶店の従業員を殺してしまい、少年期に“人殺しの子”という負い目まで背負っていた。


 そのことがプロ入りに関しても大きく関わり、国外追放をチラつかせた読売新聞のオーナー・正力松太郎の意向で中学を中退して半ば強引に東京巨人軍入りすることとなった。


 プロ入り後は持ち前の速球でノーヒットノーラン、シーズン42勝を達成するなど大活躍をしたものの、1939年にソ連との「ノモンハン事件」を受けて須田博に改名。


 しかし日本が第二次大戦へと向かう中、敵性人種と見なされて軽井沢に軟禁され、球界追放の憂き目に遭う。


 驚くべきことに、スタルヒンのその伝説的なキャリアは、30代の全盛期に中断されての成績なのである。


 そして戦後にパシフィック(後の松竹ロビンス)で球界に復帰、金星スターズ(後に大映スターズ)、高橋ユニオンズ(後にトンボユニオンズ)と渡り歩き、1955年に300勝を達成し、その年に引退した。


 紆余曲折を経て豪腕で栄光を掴んだスタルヒンであったが、その最期も大きな影に覆われている。
現役引退から二年後、自らの運転する自動車で、前方の車に追い越しをかけた際に東急多摩川線に正面衝突、交通事故死を遂げたのだった。


 中学校の同窓会に出席するために同級生を乗せて走っていたはずであったが、スタルヒンの運転する車は同窓会の会場とは全く違う方向に向かっており、事故の直前に同級生を電車で会場に向かわせていたという。


 友人らによればスタルヒンはその時飲酒状態であったというが、果たして、孤独の大投手は、自らの意志で自殺を選んだのであろうか。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ