1月13日はミュージシャン、ダニー・ハサウェイがホテルから転落死した日! 新しい形のソウルを提示し黒人文化の発展に多大な貢献

1月13日はミュージシャン、ダニー・ハサウェイがホテルから転落死した日! 新しい形のソウルを提示し黒人文化の発展に多大な貢献の画像1
(写真はDonny Hathaway『Live』(1972年/アトコ・レコード)より使用)

『ダニー・ハサウェイ「Live」のジャケット』

 1979年1月13日は、1970年代に新しい形のソウルを提示し黒人文化の発展に多大な貢献したといわれるソウル・ミュージシャン、シンガーのダニー・ハサウェイがニューヨークのエセックス・ハウス・ホテルから転落死した日である。


 1971年に大ヒットを記録したロバータ・フラックとのデュエット『You’ve Got a Friend(君の友だち)』(キャロル・キング)Jealous Guy(ジョン・レノン)等、過去の白人ミュージシャンの名曲を黒人的解釈でカバーすることで天才的な感覚を発揮していたミュージシャンであったハサウェイだが、人気絶頂の1973年に妄想型の統合失調症と診断され、以来、強力な投薬を必要とする毎日となり、表舞台からは次第に遠ざかっていった。


 そして精神科への入退院を繰り返す中で、かつて蜜月であったフラックとの友情関係にもヒビが入っていき、孤独な生活を強いられていったという。


 そして1979年1月13日、新しいアルバムのレコーディングを開始しようとスタジオに入ったダニーは、プロデューサーのエリック・マーキュリーに「白人が俺の頭に機械を繋げて音楽を盗み、殺そうとしている」と言うまでに症状が悪化していたという。


 マーキュリーは録音が不可能と感じ、その日のセッションを中止し、全ての人間がスタジオから去った。


 そしてその数時間後、エセックス・ハウス・ホテルの前の歩道には、ダニーの遺体が見つかった。15階の部屋から落ちたと思われるが、争った形跡もなく、警察は自殺と断定。

 しかし新規アルバムのレコーディングという時期であっただけに、周囲の人間も、ダニーの妻も「自殺ではない」と口を揃えている。


 その死の真相は定かではないが、1969年にデビューし、1973年のセミリタイアまで、たった4年という短すぎるキャリアでダニー・ハサウェイが与えた影響は今も残るほど絶大であり、ジョン・レジェンド、アリシア・キーズなど多くのスターたちがその影響を公言している。


 晩年の病理により孤独にみえたその短すぎる人生は、残した音楽により、今も多くの“友だち”をつくり続けているのだ。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ